ヨーキーのメス 名前は「モカ」。もう8年くらいになりますが、いまだに子犬みたいです。
カミさんとモカ
こちらは、忠実な愛犬「イナリ」 
平成6年の10月4日に我が家にやってきました。
たぶん誰かに捨てられたみたいで、痩せこけて稲荷神社の狐みたいでしたので、「イナリ」と名付けました。
イナリは、いつも、どこへ行くにも一緒で私のとっても良い相棒でした。

ところが、昨年(平成15年)春頃から病気になり、今年の5月8日にとうとう亡くなって
しまいました。
大切な家族だったので、このまま写真載せておきたいと思います。
イナリとモカはとても仲良しでした。
我が家には、2匹の犬がいます。1匹はペットショップ産のヨークシャーテリア、もう1匹は迷子の雑種です。
学校帰りの近所の小学校の子供達に可愛がられて、嬉しそうでした。
愛犬の部屋
ついでに我が家の家族を紹介します。

左からお婆ちゃん、私、カミさんとモカ、
手前がイナリ
こちらは、友人のエリック・イーソンさんの御家族と我が家のお婆ちゃん(右端)
モカを抱いているのが、ニュージーランドから来られたエリック氏のお母さんです。
赤ちゃんは、さくらちゃん。
我が家にノーラがやってきた。
新しい家族のノーラです。

イナリが亡くなったあと、代わりの犬を飼う気にはならなかったんですが、何気なくクリックした保健所のホームページに迷い犬が載ってました。

保護場所:富が原地区
 雑種 
オス
3〜5歳
保護期間:9/28〜10/4

「富が原」と「10月4日」に何か因縁めいたものを感じました。

「富が原地区」は私の集落
早速保健所に連絡したら、町役場に保護されているとのこと。役場の担当の方と相談し、飼い主も現れなかったので、我が家で引取ることにしました。
10月4日
我が家にやってきました。
ちょうど11年前にイナリが我が家にやってきた同じ日です。
ノーラと名付けました。