TOP
過去の日記
2010年3月29日 花冷え
2010年3月12日 鈴ヶ沢ナス播種
2010年01月10日 餅つき
2009年11月19日 椎茸ホダ木伐採
2009年11月13日 脱穀
2009年10月16日 稲刈り
2009年9月2日 イノシシ
2009年8月7日 天候不順
2009年6月10日 田植え
2009年5月10日 田んぼ代掻き
2009年4月18日 ナス苗作り
2009年4月5日 籾蒔き
2009年3月19日 塩水選、猿害
2009年2月21日 こんにゃく
2009年2月11日 鈴が沢ナス
2009年1月26日 干し柿
2009年1月15日 小正月
2009年1月12日 餅つき
2009年1月4日 門松
2008年12月27日 椎茸
2008年12月20日 紅葉
和合日記
2009年4月18日

 鈴が沢ナスの苗がビニールハウスの中で大きくなっています。高さが6〜8センチほど。

 3月になるとナスの苗作りが始まります。
 まず温床作りから。70センチ×180センチほどで高さ50センチの枠を作り、中に竹チップ、落ち葉、ワラ、米ヌカを入れて水をかけながら踏み込みます。これで2、3日置くと発酵が始まり温度が高くなります。

 種を水に浸けておき充分に水を吸わせると、今まで眠っていた種が眼を覚まします。
 プラグトレーに1粒1粒ピンセットで蒔いていきます。今年は3月11日に蒔きました。絶対乾燥させないように気を使い、夜は冷えるのでビニールをかぶせ温床の温度で12度〜15度くらいに保ちます。発芽は3月20日でした。
 4月になると本葉が出て来るので、2枚になったものからポットに移し替え、ハウスに並べます。ハウスの中にトンネルをかけ夜は保温材を被せ、早朝にトンネルをはずし潅水。陽が登って温度が上がってくるとハウスを開いて温度が上がりすぎないようにし、夕方すこしづつハウスを閉じ、日没前に保温材を被せる。これで連休くらいに定植可能になる(でしょうか?)。