TOP
過去の日記
2010年3月29日 花冷え
2010年3月12日 鈴ヶ沢ナス播種
2010年01月10日 餅つき
2009年11月19日 椎茸ホダ木伐採
2009年11月13日 脱穀
2009年10月16日 稲刈り
2009年9月2日 イノシシ
2009年8月7日 天候不順
2009年6月10日 田植え
2009年5月10日 田んぼ代掻き
2009年4月18日 ナス苗作り
2009年4月5日 籾蒔き
2009年3月19日 塩水選、猿害
2009年2月21日 こんにゃく
2009年2月11日 鈴が沢ナス
2009年1月26日 干し柿
2009年1月15日 小正月
2009年1月12日 餅つき
2009年1月4日 門松
2008年12月27日 椎茸
2008年12月20日 紅葉
和合日記
2009年2月21日

畑や田んぼの百姓仕事がない冬の時期はコンニャク作りが盛んです。

和合に来るまで、コンニャクの味を知らなかったと言っても過言でありません。
街で売られているコンニャクとは、味、香り、食感、すべて別物と言えます。

私たち仲良しグループでも、賑やかに楽しくコンニャク作りをしています。

去年から地元のレトルトパック工場で密閉、加圧加熱してもらうことで、保存性と安全性が保証され、約1ヶ月は手練りならではの食感を楽しんでいただける商品になりました。

和合のさしみこんにゃくの販売所は コチラ

春植えて、秋収穫するコンニャク芋の栽培は畑を荒らさないためには都合の良い作物であるため、高齢化が厳しくなった和合の坂畑のいたる所ででコンニャク畑が見られます。

コンニャク芋の値が労働にみあったものになることを願って、コンニャク栽培、コンニャク作りの後継者が出ることを願って、今一生懸命コンニャクの加工、販売ルートを開拓しています。
去年までは「おさしみこんにゃく」一本でしたが、今年から少し、芋の分量が濃い煮物用のコンニャク 〜和合のうまいこんにゃく〜 も作って2本立てで売っていきたいと思っています。

和合のコンニャクを是非食べてみてください。

ちなみに、昔から和合のコンニャクは「おなかの砂払い」ができるといわれてい
る通り、癌発生細胞も吸着し排出するそうです。時々ちゃんと食べていたいですね。
今年は大変暖かく、福寿草もロウバイも例年より3週間くらい早く咲きました。