TOP
過去の日記
2010年3月29日 花冷え
2010年3月12日 鈴ヶ沢ナス播種
2010年01月10日 餅つき
2009年11月19日 椎茸ホダ木伐採
2009年11月13日 脱穀
2009年10月16日 稲刈り
2009年9月2日 イノシシ
2009年8月7日 天候不順
2009年6月10日 田植え
2009年5月10日 田んぼ代掻き
2009年4月18日 ナス苗作り
2009年4月5日 籾蒔き
2009年3月19日 塩水選、猿害
2009年2月21日 こんにゃく
2009年2月11日 鈴が沢ナス
2009年1月26日 干し柿
2009年1月15日 小正月
2009年1月12日 餅つき
2009年1月4日 門松
2008年12月27日 椎茸
2008年12月20日 紅葉
和合日記
2009年1月12日

毎年田植えと稲刈りに手伝いに来てくれている友人と餅つきをしました

今年は黒米の餅も突きました

黒米は精米してしまうと白くなってしまうので、玄米のまま使います
玄米なので餅つきの前に水に浸けておく時間も長くなり、突くのも大変です
が、独特の香りがありとてもおいしく奇麗な餅ができます

黒米にもうるち種ともち種がありますがたいていもち種です
もち米でアレルギーを起こす子どももいるそうですが、アレルギー症のお子さんがいるおうちでは黒米を購入するときに気をつけたほうが良いようです

11日には地区のどんと焼きがありました

つい数年前までどんと焼きは15日に行われていましたが、成人の日が移動して15日が休日ではなくなったので、年によって行われる日が変わります

飯田周辺で多く見られるのは、竹でクリスマスツリーのようなやぐらを組んで、そこに松、スギ、ヒノキの枝葉を大量に差し込み飾り付けをします
正月のお飾り、門松、だるま、神社のお札、もちろん子どもの書き初めなども取り付けます

日が沈んだころに下のほうの焚き付け口から点火
火柱が豪快に上がりあたりに火の粉が降り注ぎます

芯になっている竹がはぜる音が響き、数十分ほどで燃え落ち、その熾き火を使って餅や肉、魚を焼いて酒を呑みます