TOP
過去の日記
2010年3月29日 花冷え
2010年3月12日 鈴ヶ沢ナス播種
2010年01月10日 餅つき
2009年11月19日 椎茸ホダ木伐採
2009年11月13日 脱穀
2009年10月16日 稲刈り
2009年9月2日 イノシシ
2009年8月7日 天候不順
2009年6月10日 田植え
2009年5月10日 田んぼ代掻き
2009年4月18日 ナス苗作り
2009年4月5日 籾蒔き
2009年3月19日 塩水選、猿害
2009年2月21日 こんにゃく
2009年2月11日 鈴が沢ナス
2009年1月26日 干し柿
2009年1月15日 小正月
2009年1月12日 餅つき
2009年1月4日 門松
2008年12月27日 椎茸
2008年12月20日 紅葉
和合日記
2008.12.27

 この冬は12月に入っても暖かい日が続き、普通は春と秋に発生する椎茸ですが、うちのほだ木から季節はずれの椎茸が発生しました。しかし、この数日の寒波で成長は遅くさすがに大きくはなりません。
 木立から落ちた水滴が椎茸の表面で凍っています。
 先週、この秋の紅葉がとてもきれいだったという話を書きましたが、和合の山のほとんどは広葉樹を主体とした里山でした。炭焼きだけではなく、椎茸の原木栽培も盛んでした。
しかし、重い原木を運ぶ手間や、原木栽培に代わって菌床栽培が主流になったこと、(現在スーパーなどで売っている椎茸はほとんど菌床栽培です。)中国産の安いものが市場に出回ったこと、猿の被害がひどくなったことなどで、和合での椎茸栽培も激減。
 食の安全が特に言われた今年、国産干し椎茸の市場価格が高騰しましたが、高齢化が進んだ和合では増産など望むべくもありません。