TOP
過去の日記
2010年3月29日 花冷え
2010年3月12日 鈴ヶ沢ナス播種
2010年01月10日 餅つき
2009年11月19日 椎茸ホダ木伐採
2009年11月13日 脱穀
2009年10月16日 稲刈り
2009年9月2日 イノシシ
2009年8月7日 天候不順
2009年6月10日 田植え
2009年5月10日 田んぼ代掻き
2009年4月18日 ナス苗作り
2009年4月5日 籾蒔き
2009年3月19日 塩水選、猿害
2009年2月21日 こんにゃく
2009年2月11日 鈴が沢ナス
2009年1月26日 干し柿
2009年1月15日 小正月
2009年1月12日 餅つき
2009年1月4日 門松
2008年12月27日 椎茸
2008年12月20日 紅葉
和合日記
2008.12.20

 和合というところは、炭焼きが盛んなところでした。
 というより山が険しく、植林から間伐、枝打ち、伐採といった、いわゆる林業には制約が多いため、広葉樹のまま利用する里山だったのです。
 それでも条件の良いところにはスギ、ヒノキが植えられましたし、今では森林組合の仕事で毎年少しづつ植栽林が増えています。ただ近隣の国道沿いや三河地方のような大規模な植栽林はなく、春には新緑が秋には紅葉がきれいな広葉樹が多く残っています。
 今年の秋の紅葉は今まで観た中でもたぶん一番きれいな紅葉でした。9月の早くから寒くなる日があり、10月はじめころは先に落葉したそれらの木が目立ち、あまり良いとは思えませんでした。しかし10月の末ころから山全体が昼間でも夕日があたったように紅く見え、1本1本の樹を観ると黄色だったり、黄緑だったりするのですが、山を観るとまさに紅葉という言葉がぴったり来るように見事になりました。