被写体の宝庫、峰の原高原

 自然豊かな峰の原高原は、写真撮影に最高のステージ。中でも、北アルプスの眺望が素晴らしく、「信州のサンセット・ポイント100選」に選ばれています。毎年、2月と11月に見られる「槍に刺さる夕陽」は、写真愛好家の間で、人気上昇中。
 これまでに、オーナーが撮りためた写真のほんの一部を、下記にご紹介します。

北アルプス撮影のハイライト「槍に刺さる夕陽」。2月と11月に、この光景を見るチャンスがあります。

森の中で偶然見つけるキノコも、おもしろい被写体。

木々が色付く秋は、シャッターチャンスいっぱい。

上空に夕焼け雲、眼下に雲海が広がる貴重な瞬間。

ガーデンストーリーから撮った、夕暮れの北信五岳。

根子岳に少し登ると、大パノラマが広がります。

リスは、しょっちゅう、庭に遊びに来ます。

運が良ければ、カモシカにも出会えます。

6月の定番ショット。白樺林とレンゲツツジ。

冬の寒い日は、雪が結晶のまま降り積もります。

真冬に根子岳に登れば、樹氷が見られます。

渡り蝶アオギマダラも、庭で撮ることができます。

信州には、桜の名所もたくさん。写真は上田城。

ホスタの葉の上で、一列に並んだ雨粒。

ガーデンストーリーの庭で、季節の花々を写せます。

林でひっそり咲く、ベニバナイチヤクソウの大群落。

北は白馬岳から南は乗鞍岳まで、北アルプスを一望。

トップページ