蕎麦・うどんなたわごと

ほんのり柚子の香りが…(2000.3.12)
中野市の市内にある郷土食堂は志賀からのスキー帰りに美味しい蕎麦を食べたい人にとっては最適です。
お薦めはざる蕎麦(700円)と、笹寿司(500円)。コシのある麺はつなぎに山ごぼう を使っているそうですが 顔を出すことはないです。薬味はめずらしくわさびがないなぁと思っていたら、かんずり という唐辛子と 柚子で作られた香辛料がテーブルに置いてありました。なんだかちょっと不思議な風味になります。
場所はオリンピック道路を志賀側から降りてくると、右手にポットの形をした建物があるので そこの交差点を左にまがって500メートルほど進んだ右手にあります。
営業時間が短め(11:00-17:00)なので、スキーを早めにきりあげないと間に合わないのです。
スキー場近くの蕎麦屋さん(2000.2.12)
高井富士と北志賀竜王のR403沿いに「そば清」 さんという食堂があります。
ラーメンやうどんカツ丼等もありますが、なんといっても 手打ちの蕎麦 を食べてみてはどうでしょう。濃い目のツユがなかなか蕎麦の強さにあっています。
大ざる(800円)が満足度が高いような気がします。個人的には蕎麦の香りを 楽しむには海苔のない盛りの方がいいような気はしますが…。
ダッタン(韃靼)そば(2000.1.10)
久々に松本まで出かけてお昼は蕎麦を食べてきました。
お店は旧開智学校や松本城に程近い蕎麦屋 「五兵衛」さんです。 せいろはわずか 530円(^^;だったので思わず2枚頼んでしまいました。 白め(さらしな系?)の蕎麦からは、ほんのり甘い香り がしてきました。
連れは、他ではなかなか味わう事ができないダッタン(韃靼) そばを注文してみました。
こちらは少し黄みがかった 色をしてせいろよりは香りは薄いような… 味の方は口に入れた瞬間あきらかになんか普通と違う… (比較して食べたからわかったのですが) 苦味というよりは、なにかが 一味足されたという感じでした。
詳しいことはお店のホームページ をごらんください。(^^;
[とく助]さんのうどん (1999.12.26)
寒い日が続いたのであったかいうどんを食べに行ったのでした。
県庁のそばにある「とく助」さんについたのが12:30ちょっと過ぎで、4組ほどの お客さんが既にいたのですが席につく事ができました。
すぐに違和感を感じたのは…11:30開店のはずなのに食べているお客さんがいない…
そうです。とく助さんでは注文が入ってからうどんを打ち始めるため時間がかかる らしいのです。
たまたま準備中に来店したので、他のお客さんと同じぐらいに食べられたのでした。 そんでも20分ぐらいはまったけど (^^;
手打ちらしい腰のある麺は、かつおだしの効いた醤油味とあっさりした味噌味の他 くるみタレで食べる釜揚げ(食べてないんだけど…)で食べることができます。
ときどきすごく太い麺が出てくるのは手打ちならではのご愛嬌ということで。