おちゃけ日記 Vol.1

'99.11.21 末廣・大吟醸 舞(精米歩合45% [八反錦70%山田錦30%])
末廣酒造株式会社【福島県会津若松市】
友達のお土産です。最初の開封の香りはふわっと広がる吟醸香が目立っているるのですが 口に含むと予想とちがい、ガーンとストレートな感じを受けます。 銘柄の紹介にもある通り、辛口で繊細な感じですが、逆にいえば単純といえなくもない ような気もするです。これまた瓶に書いてありますが、しみじみ呑むよりは 大勢で 最初の乾杯に適しているお酒かもしれません。

'99.11.16 本醸造 手取川山廃(麹米:五百万石60% 掛米:五百万石65%)
株式会社吉田酒造店【石川県松任市】
石川県のお酒は割と好きで一本だけ残っていたものを購入してきました。
香りはこのクラスによくある感じです。口に含んだ瞬間はアルコールの 強さが目立つ感じがしますが、べたべたした感じが無い せいだと思われます。結構、辛めな感じですがあまり口の中で転がしていると雑味が気になってくる感じ。

'99.11.12 真澄純米吟醸あらばしり(美山錦50%)
宮坂醸造式会社【諏訪市】
搾りたて生原酒がまだ残っていたので買ってみました。
口に含んだ瞬間にぶわっと[雑味は少ないが度数の強さ が目立つ] って感じがします。(実際17〜18%なんですが…) 洗練はされていないけど荒々しさが残る力強さがあるお酒です。

'99.11.9 天法純米吟醸(山田錦50%)
天法酒造式会社【埴科郡戸倉町】
メッセでは大吟醸でしたがお金がなかったので純米吟醸にしました。 前の感覚と同様軽めですが香りが強いです。 水炊きと一緒に味わったのですが、非常にデリケートな味なので 一緒に食べるとポン酢の酸味にかき消されてしまう感じがしたです。 濃い目の味をさらっと洗い流すような事にもいいかもしれないけど 繊細な料理 を味わいながら酒を味わうというスタイルの方があっている気がします。

'99.11.2 帰山参番純米吟醸(美山錦55%)
千曲錦酒造式会社【佐久市】
長野の酒メッセでは同じ参番だけど、生酒だったのでどんな違いが あるのかと思ったので買ってみたのでした。
やっぱりすっぱいっす。 今度は弐番呑んでみよっと。

'99.10.29 西之門善光寺吟醸[生](ムツホマレ60%)
雲山銘醸株式会社【長野市】
精米歩合のせいもあるかもしれないけど、吟醸という印象は薄いです。 でも、CSで手に入る純米とは比べ物になりません。
実は駅周辺の蕎麦屋(北信では割と有名)で蕎麦を食べた際に頼んだのでした。 日本蕎麦には日本酒があうってどっかで聞いたんだけど、今だベストマッチの お酒にあった事がないのです。ホントに合うのかしら?
しかし、単価500円のお酒が1200円 で売られてるって… (--##