[うま]なお話

2000.1.7

2000年JRA重賞スケジュール

秋のGIシーズンがおわった時のPATの残高は悲しいかな25000円…2000年は頑張るぞ〜
予想・結果・その他なんでも書き込みOKです。

競馬暦
競馬暦っていっても、まったく自慢できません。長野はかず少ない公営ギャンブルのない県だったからメディアも少なかったし、学生時代本屋でバイトした時も「なんで競馬新聞なんて売ってるんだろう?」って思ってたし…
社会人になって都内に転勤したときに住んだのが船橋…そう中山競馬場のあるところだったんですよん。で、後輩に初めてつれていってもらったのがいきなりG1のスプリンターズステークス。今となっては調べてわかったんだけど、ニシノフラワーが勝った’92年だったんですね〜。そのときはまだG1ってなに?ってレベルだったんですけど…とゆーわけで、まだまだ7年足らずの初心者なのです。(^^;
しかしまたまた転勤により地元に舞い戻ってしまいましたが、2年越しの念願かないPATな生活に入っています。でも東京三菱ってこっちに支店ねーんだよなぁ…はぁ…

好きな馬
好きな馬っていうと…馬券を取らせてくれた馬はみんなすき(^^; 
’93冬、頑張って見にいったのですよ、有馬記念。1年ぶりの出走になるトウカイテイオーが返し馬に出ていった瞬間、夕日に照らされた彼の馬体はそれはそれは美しかったです。でも馬券は外しました…
あと、去年の天皇賞(秋)。これといった根拠があったわけでもないのですが買ってしまったオフサイドトラップくん。見事生まれて初めて万馬券の感動を与えてくれました。PATだからあまり実感ないんですけどね。

競馬場
先にも書きましたけど最初に行ったのは中山競馬場でした。福島も、大井もいって見ましたが、一番印象に残っているのが佐賀競馬場ですね。なんといっても馬との距離が近いし駐車場もタダときてます。平日開催だったので、1レースの総売上はん十万程度っていうのもあるし、ほとんどの人が枠番連勝を買うので、単勝は専用窓口がぽつぽつ。
ためしに100円買ってみると、ちょっと時間を置いて0だった電光掲示板が1に増えました。
おぉ〜買ったって事がわかってしまう掲示板っていったい…

今年('99,8.29)念願の中央競馬夏のローカル(新潟競馬場)にいってきました。長野と新潟は隣の県ですが、高速を使っても(上越から新潟まで)3時間強かかります。
新潟も駐車場はタダ。コースの幅が狭いのか、中山とかと比べて馬との距離が近いです。
またすぐにでも行きたいのですが、右回りから左回りへ、また、日本初の直線1000mコースを持つ競馬場へと生まれ変わるため、2年後の2002年(だっけか?)までしばらくお休みです。

マンガ
競馬に関するマンガもたくさんありますね。
 ◆みどりのマキバオー【つの丸】
 ◆ポコあポコ【小道迷子】
 ◆馬なり1ハロン劇場【よしだみほ】
 ◆魅惑の砂(ダート)
 ◆優駿たちの蹄跡(スーパーホース列伝)【やまさき拓味】
 ◆ありゃ馬こりゃ馬
 ◆ゲート試験は不合格【原るみか】
 ◆HAVE A BREAK【原るみか】

アホ臭いといえばアホ臭いんですが…一番すきなのはポコあポコかな…レースのほとんどが1着かシンガリのスピードハナジロー。好物はウニ。父はノーザンテーストで母は超短距離血統のミスマンゲツ。なんだかとっても憎めないやつです。ちょっと前の作品だったので長野の書店のどこを探しても見つからなかったもんだから神田までいって(本当はスキー用品を買ったついでだったんですけど)ようやく見つけたときの喜びといったら…
あとで、長野の古本屋で1冊100円で売られていたときは愕然としたけど… (-_-#