●検査・計量について●




          ☆検査と表示
           ……2004年4月1日の食糧法の改正により、
             計画流通制度が廃止され、計画流通米と計画外米の区分がなくなりました。
             これにより、生産者がお米を比較的自由に売買することができるようになりましたが、
             しかし、一方では販売する際に「農林物資の規格化及び品質表示の標準化に関する法律
             (JAS法)」により品質表示基準による表示が義務付けられ、
             販売する全ての玄米及び精米についても、この法に準拠する表示が必要となりました。
             結果、お米を容器か包装に入れて販売する場合
             (販売する以上、そうしなければ売れないと思うのですが…)、
             「玄米及び精米品質表示基準」に基く一括表示を行わなければならないのですが、
             検査を受けていないお米は、現状、
             包装・店頭で産地・産年・銘柄の表示が出来なくなっています。
             (但し、未検査米でも量り売りするものについては、
              銘柄表示はできないものの、大まかな産地表示は可能=国名、県名等。)

             当店で販売しているお米は全て農産物検査によって
             産地・産年・銘柄が証明された安心なお米です。下記は検査証明です。              

   長野県産25年産コシヒカリ 特A、等級1等の検査票
検査組織=佐久浅間農業協同組合 西部ライスセンター個張

   長野県産24年産コシヒカリ 特A、等級1等の検査票
検査組織=佐久浅間農業協同組合 西部ライスセンター個張

   長野県産23年産コシヒカリ 特A、等級1等の検査票
検査組織=佐久浅間農業協同組合 東部ライスセンター個張

   長野県産22年産コシヒカリ 特A、等級1等の検査票
検査組織=佐久浅間農業協同組合 東部ライス個張

   長野県産21年産コシヒカリ 特A、等級1等の検査票
検査組織=JA佐久浅間 東部ライス個張

   長野県産20年産コシヒカリ 特A、等級1等の検査票
検査組織=JA佐久浅間 東部ライス固張

   長野県産19年産コシヒカリ 特A、等級1等の検査票
検査組織=JA佐久浅間 立科固体

平成19年より検査体系の見直しをはかり、従来の手間が掛かる個別持ち込みでの検査から
ライスセンターでの一貫した検査方式に変更しました。
(氏名はJA組合員である父の名前になっています)

   長野県産18年産コシヒカリ 等級1等の検査済み刻印
   長野県産17年産コシヒカリ 等級1等の検査済み刻印
   長野県産16年産コシヒカリ 等級1等の検査済み刻印

   


          ☆計量について
           ……当方では新「計量法」(平成12年8月省令改正)の基準に適合する
             国家検定合格付きの高精度デジタル計量器を使用しての計量を行っておりますので、
             内容量の確かさについて、ご安心いただけます
             (使用地区長野県で計りメーカー出荷時に重力加速度補正済みです)。
             又、袋底面への米粒の残留や、お米の微妙な変化に対応する為、
             商品ページの表示に対して5kg、8kgは40g、10kg、15kgは60g、
             20kg・25kg袋は120g多く
             袋詰め時に上乗せして詰めさせていただいております。
             大豆につきましても袋詰め量が表示重量強の重さになるよう詰めております。

株式会社イシダ製  上皿型重量ハカリ S-box 検定付き計り。



TOPへ戻る