広大な講習バーン&200m×200mのメインランディング(丸山ゲレンデ)

HOME>>エリア案内 


スキー場を利用した広大な講習バーンを持つ「栂池パラグライダースクール」は初心者の講習には最適です。
メインランディングとしても利用される丸山ゲレンデは標高950m、地形にも恵まれ、西風以外の風向きなら講習を行なうことができます。

山頂テイクオフへはゴンドラリフトで15分、マイペースでフライトできます。体験コースからライセンス取得のコースまで、経験豊富なスタッフがイチから丁寧に指導致します



その他のテイクオフ・講習バーン

ハンの木テイクオフ

ゴンドラ山頂駅から初心者コースを10分下るとハンの木テイクオフ。
標高1,450m、
西風以外はほぼフライト可能です。
栂の森テイクオフ

標高1670mからテイクオフ。日本グランプリ・栂池ジャパンカップ2007でも使用されたバーンです。
ファーストサーマルはラクチンではないでしょうか?
(5月上旬〜6月上旬のみ使用)
チャンピオン講習バーン

栂池レストハウス前に広がるチャンピオンコースを利用した講習バーン。



フリーフライト


スカイワンダーランド栂池エリアは、広大なスキー場を利用した初心者からエキスパートまでどなたでも楽しめるパラグライダーエリアです。

ベーシックなトレーニング用の丸山テイクオフ(高度差100m)をはじめ、メインのハンの木テイクオフ(高度差500m)、大会用に作られた栂の森テイクオフ(高度差720m)と、雲底高度が低い際に使用するチャンピオンテイクオフ(高度差250m)の4ヶ所のテイクオフがあります。いずれのテイクオフも広いスキーコースを利用しているため、何のプレッシャーもありません。

ランディングも丸山メインランディング、チャンピオンランディングと鐘の鳴る丘サブランディングの3ヶ所があり、緊急時にも無理なく選択出来ます。
栂池エリアではランディグアプローチに場周ランディングアプローチを採用しています。



北寄りの風のT.O.

午前中良好な南風が吹いている時でも、気温が上がってくる昼過ぎには北東の海風が進入してきます。ランディングの風向きが東に変化してきたり、対岸の山腹に低い雲が北から確認された時は風向きが変わるサインです。

北東風が強め(4m/s以上)の場合は、ゴンドラ沿いには乱流が多く発生しますのでフライトしないで下さい。またランディングまでの最短コースのハンの木コース上は吹き抜けとなり、風速が強まりますので(特にランディング近く)テイクオフ南側のハンの木第3クワッドリフト上空をフライトして下さい。

この風の時、上級者は阿弥陀山北斜面でリッジソアリングが楽しめます。ランディングに近づくにつれ風は強まりますので、メインランディングにとどかない場合は鐘の鳴る丘第2ゲレンデのサブランディングおよび安全なゲレンデに緊急着陸して下さい。
※高めにメインランディング上空に進入することが大事です。




北寄りの風のL.D.

栂池エリアでは午後になると海風が進入し、北東風に変わってくることが多いです。

1.風速が1〜3m/sであれば、上記のように場周ランディングでアプローチして下さい。

2.北東風の場合はテイクオフからランディングに向かって正対風となり、多くの場合はポジションで適切な高さ(100m以上)がとれません。
したがってターゲット手前の丸山講習バーンで180度旋回での高度処理を行い、ベースレグから場周経路に進入して下さい。(黄色の経路)



南寄りの風のT.O.

高気圧の中心が真上〜やや東に移動した時は、南寄りの風が吹きやすくなります。日射しがあればサーマル活動はより活発となり、ゴンドラ沿いの南斜面ではリッジサーマルでフライト出来ます。

ゴンドラ上空の尾根上は、当然吹き抜けにより風速の強い範囲となりますので充分に注意が必要です。テイクオフより高度が低い場合は、ゴンドラより南側でフライトして下さい。




南寄りの風のL.D.

1.ランディング場に進入するパイロットは、P(ポジション)に少なくとも100m以上の高度で進入し、左方向に360度旋回しながらダウンウィンドレグに進入する高さまで高度調整を行います。
ダウンウィンドレグに進入する高さは、ターゲットが45度下方に見えた時点です。
※「もう一度旋回しようか?」と判断に迷う時は、その旋回は行わずに少し高めでダウンウィンドレグに進入して下さい。
※池の上空、スクールハウスの上空は充分注意すること。

2.ターゲットへの見下し角度が30度位になった時、左90度旋回でベースレグに進入します。
※スクールハウスすぐ北側のハンの木第1クワッドリフト手前でベースレグに入ること。

3.風向き、風速を充分に考慮しファイナルレグに入ります。
なるべく直線を長くとり、スタンディングポジションで着地に備えます。
ファイナルレグで高度が高い場合は、左右1回だけS字ターンで高度調整して下さい。


日本パラグライダー協会認定校
栂池パラグライダースクール 
〒399-9422 長野県北安曇郡小谷村栂池高原 TEL 0261-83-2521 FAX 0261-82-3082
    Copyright © 2007 栂池パラグライダースクール All Right Reserved.