20th Centuryコンサートツアー「SCREMIG」ソロ曲の歌詞


坂本昌行ソロ曲【Taro Tha Third】 ( )内は歌詞が確実ではない所です。

 滲んだ瞳を(ジリジリ)と俺の足元に 〜擦り寄ってくる〜
 煙たい部屋の小さな窓に 今宵月が光る

 プライドの欠片もなくして(今夜くらいは) 〜アヒルだ〜
 シュールな時を過ごしたいのかい? 自問自答の(愛になる)

 Ah〜 息を潜めたシャドーが
 Ah〜 艶めく光をさらってくその前に

☆抱きしめたい壊したい 夢も希望も砕ける程に
 焦がれても焦がれても きっと君はこの俺に擦り寄ってくる

 抱きしめた時間より もっと大事な物があるだろう
 有り触れた言葉など いっそこのまま煙に巻いてやれ

☆くりかえし


長野博ソロ曲【グルメは巡る】

 雨降る上板橋でブラリと立ち寄った焼肉屋
 肉には目がない私 骨までたいらげたいの

 小さなテーブルの上 ひきしめ合った肉達
 私の瞳を見つめ「食べて」と囁くのです

☆メニューの左から右 骨までまさぐりしゃぶりつくしたい

◎すべて食べ尽くせばeat 胃袋が叫ぶの
 肉ばかり食べちゃダメ DA ダメ 肉の2倍サンチュ食べて

☆くりかえし

◎くりかえし

 そうよエンドレス 食はグルメぐる巡る
 次は次はつぎ厚木 はしご酒ならぬはしご肉
 

井ノ原快彦ソロ曲【I'm so happy and high!!】

◎高鳴る鼓動ほとばしる汗 浮かんでは消えるあの子のFace
 襟元ただし息を吸い込み たしなむ程度にペダルを漕いで

 最速33km/h の僕のマシンに君を乗せるよ I'm so happy and high
 さいさき良すぎる展開に戸惑いながらも風を切るよ I'm so cool and wind

 乱れた髪も気にならない とにかく星が綺麗さ

 走って走って僕の愛しい恋人よ その手を離さないで
 笑って笑って笑う角ですれ違って 幸せ見逃さないように

 呆れた目線気にならない とにかく星が綺麗さ

 背中に感じる僕の愛しい恋人よ その手を離さないで
 その手に感じてる夏の可愛い恋人よ Oh〜
 だから走って走って走って僕の愛しい恋人よ その手を離さないで
 笑って笑って笑う角ですれ違って幸せ見逃さないように

◎2回繰り返し

 I'm so happy and high  I'm so cool and wind
 I'm so happy and high  I'm so cool and wind

 乱れた髪も気にならない 呆れた目線も気にならない
 乱れた髪も気にならない 呆れた目線も気にならない


戻る