(C)TOSS-TWO-WAY/小学校/給食/給食指導/全学年/給食片付け



給食の片付けは細部まで決める


サークル飯田 /小倉 敬


低学年で片付けがうまくいかない場合、それは怠けと言うよりも、わからない場合が多いのです。



給食の片付け方がなかなかうまくいかない場合が多い。

それは、


どこに片付けるか・・・場所が不明確
だれが片付けるか・・・役割が不明確
いつ 片付けるか・・・時間が不明確

である場合が多い。

低学年は

決められたことは、その通りにしようとする

ものだ。だから、その全てを見えるように示せばいい。



場所

色テープで食器、食管などの置き場をきめ、線を引いてこの場所におくのだということを目でわかるようにする。そして、いつでも同じようにパターンを作る。

役割

教室内にフックを人数分つくり、一つ一つのフックに役割を書く(上に書く)そこに給食着をかける。給食着を取りに行って自分の係を目で見てわかるようにする。

時間

毎日決まった時間に片付けが終わるように決めてしまう。

子どもたちは、全員が食べ終わる時間も決めてしまい、役割がわかって動けるようになると、うそのようにスムーズに仕事をするものです。


給食で困ったことは、ないですか?>>>>>

教育ポータルサイト  TOSSランド
教師必見”世界最大の教育ポータルサイトTOSSインタ−ネットランド(登録商標)にリンクしています
小倉敬教育実践研究ホームページ
前のページにもどる

このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません