(C)TOSS-TWO-WAY/小学校/教室環境/全学年/机/赤白帽子



クラブで楽しい仲間作り


サークル飯田 /小倉 敬


創造性のある集団を作り出す方法
ちなみにこの実践は2年生のものである。



向山洋一先生の著作の中に「学級を組織する法則(明治図書)」がある。
この中には、学級を組織する係の明快な定義がある。
係は、次のようなものである。 

1、定期・不定期に関わらず繰り返される行事で、少人数でよいもの(創意工夫を余り必要としないもの)
2、学究生活を豊かにするために必要な組織<文化・スポーツ・レクリエーションの

創造的な活動が主となり、それぞれの興味や関心で成り立っている。


ところで、係というと、

子どもたちは分担し合う学級の仕事と思っている。

だから子どもたちに係を説明するときに

クラブというほうがわかりやすい

クラブを成立させるためには

物・・・・・紙+マジック=クラブの看板 メンバーを書く  +活動に必要な道具
時間・・・・基本的には休み時間に行うが、目が届くところで行うためにも、学級の時間の初め10分ほどをとるといやでもやる
場所・・・・教室ならどこでもよく、看板を貼る場所もつくる

クラブの決まりは以下の通り

作るのも自由。
やめるのも自由。
男女は問わない。
入りたい人は必ず入れる。
必ず看板を作る。
あまりに活動しないクラブは、つぶれる。
先生は入らないが、特別監督になる。

早速クラブ活動がはじまった。
活動よりもまずクラブ作りとメンバー集めが楽しいようで盛んになる。

また、学級会の特別に時間を設けて行うクラブ会議のとき、一人ぼっちの子に

自分の席に座っていないで、ぐるっと見てごらん。
面白いクラブがあるよ

と促してみる。
本当に友達がいないのでなければ、どこかしら入るクラブや声をかけられるクラブがある。
友達ができにくく、いつも担任にくっついていた子も、クラブで次第に離れていった。

現在、次のようなクラブが生まれている。

クモクラブ・・・クモをとってきて大型水槽で飼育。卵が生まれたり、えさをたべたり、興奮。
ウサギクラブ・・・クラスでかっているウサギをかわいがる
暗唱クラブ・・・暗唱スキルなどの詩を覚える
マラソンクラブ・・・走る!
お絵かきクラブ・・・休み時間に絵を描く
お笑いクラブ
ねんどクラブ


1学期に1,2回発表の場を与えれば、なお活動がもりあがるだろう。



給食の残菜困っていませんか?給食の残菜は、どう処理すればよいのか 
小倉敬教育実践研究ホームページ
教育ポータルサイト  TOSSランド
教師必見”世界最大の教育ポータルサイトTOSSインタ−ネットランド(登録商標)にリンクしています
前のページにもどる

このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません