(C)TOSS-TWO-WAY/小学校/算数/百だまそろばん/全学年/赤鉛筆



赤鉛筆は、三菱製品が最適


サークル飯田 /小倉 敬

赤鉛筆ならどこでも同じ・・・ということは無い



赤鉛筆は、薄く塗る、濃く書く、シンプルで手イタズラもしない。
いいこと尽くめだが、唯一、折れやすいという欠点がある。
これは、芯が柔らかいからということが原因だ。

しかし、向山洋一先生が、教え方教室でチラッと次のようなことを話された。

三菱の赤鉛筆を使っています。

学校出入りの文房具屋さんに「赤鉛筆」と頼むと、トンボをもってきてくれる。
しかし、メーカー指定で三菱を購入して驚いた。

芯が硬く、コシがある。すぐには折れない。

本校には購買がない。そこで、自分でも購入しておき、児童には私から購入できるようにした。
集金袋を用意し、子どもが買うたびに集金袋に金額を書き入れて保護者にお願いする。

また、折れてしまうことがある。授業中に鉛筆を削るなどもってのほか。まず認めない。
授業中でもすぐに私の教卓から赤鉛筆を持っていって良いことにした。
返すときは礼を言う。

赤鉛筆が折れたので貸してください。
ありがとうございました。

赤鉛筆ひとつにも、コツがあった。
ちなみに、三菱鉛筆は、あの三菱グループとは関係ないそうです。
マークまで同じなのに・・・


TOSSノート配ってまず何してますか?  TOSSノート 配ってまずは行うこと  
教育ポータルサイト  TOSSランド
教師必見”世界最大の教育ポータルサイトTOSSインタ−ネットランド(登録商標)にリンクしています
小倉敬教育実践研究ホームページ
前のページにもどる

このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません