(C)TOSS-TWO-WAY/小学校/算数/百だまそろばん/全学年/百だまそろばん



百玉そろばん よそ見している子・声の小さい子への指導


サークル飯田 /小倉 敬


百だまは、玉を見て、声を出してこそ効果が期待できる。



百玉そろばんをやっていて、下を向いたり声を出さずにいる子がいる。
これでは、力がつかない。
そんなときはまずは趣意説明を行う。

百玉は、声に出しても勉強になるし、目で見ても勉強になる。みんなの声を耳で聞いても勉強になるんだよ。

それでも言わない子、見ない子がいる。できている子を誉めるのもわすれずに、しかし直接指導も行う。

○○君の声がききたいなぁ

と笑顔で話しかける。
顔を見せない子には

○○さんの顔がみたいなぁ

明るく話しかけることで、にこやかにこちらを向いてくれる。


TOSSノート配ってまず何してますか?  TOSSノート 配ってまずは行うこと  
教育ポータルサイト  TOSSランド
教師必見”世界最大の教育ポータルサイトTOSSインタ−ネットランド(登録商標)にリンクしています
小倉敬教育実践研究ホームページ
前のページにもどる
このサイト及びすべての登録コンテンツは著作権フリーではありません