長野郷土史研究会最新情報 (2020824日更新)   更新ボタンを押して最新情報をご確認ください。


   ■絵解き関連    ■古文書講座、講演会、史跡めぐり その他

 

長野郷土史研究会の新しい古文書講座(2020年)
 「ゆったり古文書講座」「いつでも古文書講座」

講師: 小林 一郎(長野郷土史研究会会長)

古文書講座は、しばらくお休みしていましたが、2つの新たなやり方で開講します

内容:「善光寺町最大の年中行事・祇園祭の史料(岩下桜園(おうえん)著)を読む」

3回シリーズで、小林一郎 長野郷土史研究会会長が入門者にもわかりやすく、1字ずつ解説します。
内容、進度は(1)会場受講の「ゆったり古文書講座」、(2)インターネット受講の「いつでも古文書講座」とも同じです。
どちらで受講かを、電話かメールでお知らせください。 

(1)「ゆったり古文書講座」(会場受講)  ※人数に対しゆったりの会場です 
新規の会場受講のお申し込みは、長野郷土史研究会会員の方、会員になっていただける方に限らせていただきす。
一般の方は、(2)のインターネット受講をお願いします。

1回:831日(月)10:3011:30   
追記:残念ながら、社会状況を鑑み、会場は中止とさせていただきます。(2)のネット受講をご検討お願いします。(8/24

会場:南千歳町公民館1階(長野駅善光寺口より徒歩5分)
定員:10名限定(完全申し込み制、風邪症状のない方)
受講料:11,000円(資料代込み。参加1回ごと会場でお支払い)

 

(2)「いつでも古文書講座」(古文書・資料の郵送によるインターネット受講) ※会場受講と同じ内容です

1回:97日(月)午後より

講座の内容の音声を、97日午後よりインターネット(限定公開のYouTube)で公開します。
音声は半年程度公開しますので、いつでも好きな時にご自宅等から、パソコン、スマホなどでお聴きください。
繰り返し聴けます。URLをご連絡します。

受講料:11,300
(古文書コピー、解読、資料代、郵送料込み。1回ごと、振替用紙かネット送金で後日お支払い)

 

今後の状況によっては、(2)の方式のみとします。
(1)(2)とも、11月までに3回です。
2回・第3回の予定は、第1回を受講の方にお知らせします。
1回のみの受講でも結構です。

事前申し込み制(電話かメールで、(1)会場受講、(2)インターネット受講のどちらかをお知らせください)
(電話 TEL026-224-2673か、メール kyodoshi*janis.or.jp
*
をアットマークに変えてください。

 

 

 

長野の絵解きを広める会 

4回 春の信州 絵解き・絵伝の特別公開 終了しました

広報を取りやめましたが、各お寺のご判断により、絵解き、絵伝の公開が行われました。

 

2020418日(土)〜26日(日)

 

お寺にある物語性を持った絵画(絵伝)を解説することを「絵解き」といいます。

長野郷土史研究会では長野の文化である「絵解き」を伝え、広めていく活動の一環として、

「長野の絵解きを広める会」を発足させました。今年で「絵解き・絵伝の特別公開」は4回目です。

 

「長野の絵解きを広める会」事務局: 長野郷土史研究会

 

 

長野郷土史研究会令和2年 総会・記念行事

長野の聖徳太子信仰と善光寺  2021年に向けて」     終了しました

 

令和2(2020) 224日(祝・月)

竹風堂大門ホール(長野市大門町 竹風堂善光寺大門店3階)

 

13:30〜 総会(会員のみ)

14:3016:00 記念行事(どなたでもご参加いただけます)

1部 講演「聖徳太子信仰と善光寺」 小林一郎(本会会長)

2部 「聖徳太子と善光寺を語る」

吉田邦紘氏(旧 徳音山観聖寺)、

若麻績享則師(善光寺淵之坊住職)、

小林一郎によるシンポジウム

 

令和3年(2021)は聖徳太子の1400回忌です。善光寺御開帳の年とも重なります。

聖徳太子は、善光寺縁起で重要な役割を果たしています。善光寺縁起の絵伝を伝える

淵之坊住職の若麻績享則師と、善光寺の南・長野市栗田で、昔から聖徳太子をおまつり

してきた吉田邦紘氏をお招きします。

建築を始め、職人などからも厚く信仰を集めてきた聖徳太子。長野県の復興への願いも

こめて開催します。

 

参加費:1,000円  申し込み不要

 

善光寺参りの絵解き 協力:善光寺 

全国に伝わる善光寺参りの伝説の絵解きを、2015年の善光寺御開帳後も、毎回演目を変えながら行っています。

2015
920日(日)、1010日(土)、1121日(土)
201619日(土)、26日(土)、319日(土)、
    416日(土)、521日(土)、618日(土)、716日(土)、
    917日(土)、1015日(土)、1119日(土)
201724日(土)、34日(土)、422日(土)、

617日(土)、715日(土)、916日(土)、1118日(土)

201833日(土)、421日(土)、77日(土)、98日(土)、1117日(土)

201932日(土)、420日(土)、629日(土)、97()1116日(土)

2020年 


いずれも11:0011:30

会場:善光寺事務局3階講堂(駐車場は善光寺等の有料駐車場をご利用ください)

無料、申し込み不要

絵解き:小林玲子(長野郷土史研究会副会長)、小林竜太郎(長野郷土史研究会青年部長)

主催・問い合わせ:長野郷土史研究会(電話 TEL026-224-2673


善光寺参り絵解き図原画(尾頭 画)は、「八十二銀行大門町支店」で展示されています

展示期間: 201510月〜 終了未定
銀行の営業時間(平日9時〜15時)にご覧いただけます。

 

 

 

以下の行事はすべて終了しました

 

長野の絵解きを広める会 

3回 春の信州 絵解き・絵伝の特別公開 終了しました

 

2019413日(土)〜28日(日)

 

チラシ(2019年2月制作)はこちら(PDF)をご覧ください。

 

 

【平成29年度総会記念行事】 
「長野の絵解きを広める会」設立記念シンポジウム 
終了しました



2017
129日(日)10:0011:20
会場:竹風堂大門ホール(大門町 竹風堂善光寺大門店3階)

(1) 講演「長野の文化を支える絵解き」
講師:小林一郎(長野郷土史研究会会長)

(2)シンポジウム「長野の絵解きの今とこれから」
パネラー: 絵解きを行っている寺院・団体の皆様

司会 小林玲子(長野郷土史研究会副会長)
参加費:500円 申し込み不要

 長野県北部には、今でも絵解きを行う寺院がたくさんあって、長野の貴重な文化となっています。

今回本会では、長野市周辺の個々の寺院などで行われている絵解きの連携を支援して、長野の文化である絵解きを後世に大切に引き継いでいきたいと考えました。

新たに複製した江戸時代の「善光寺縁起」の絵解き
終了しました
2016
57日(土)
15:00
15:30 往生院本堂(長野市権堂町)

絵解き:小林玲子

参加費:無料 申し込み不要

新たに複製した絵伝の掛け軸で初めて行います。文語体の語りです。

【平成28年度総会記念行事】 終了しました 
「全国各地の絵解きの現状と善光寺の絵解き」


2016
116日(土)13:3015:00

会場:竹風堂大門ホール(竹風堂善光寺大門店3階)
講演「全国各地の絵解きの現状と善光寺の絵解き」
 講師 阿部泰郎氏(名古屋大学文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センター長・教授)
シンポジウム「これからの善光寺と絵解き」
 パネラー 阿部泰郎氏、若麻績敏隆師(善光寺白蓮坊住職)、小林一郎   司会 小林玲子

参加費:500円 申し込み不要

 本会では「善光寺参り絵解き図」を制作して、絵解きの継承と普及に努めています。
今回ご講演いただく阿部先生は大学院生に絵解きを指導して、毎年富山県城端の善徳寺虫干法会で絵解きを披露していらっしゃいます。
また、かるかや山西光寺の絵解きをフランスで紹介されました。日本の絵解きの最前線の現状をお聞きして、今後の長野の絵解きを考えます。また本会が複製した「善光寺如来絵伝」を初披露します。

善光寺参りの絵解き 協力:善光寺 終了しました

2015
88日(土)11:0011:30

会場:善光寺忠霊殿
無料(この日は無料で忠霊殿にお入りいただけます)、
申し込み不要
絵解き:小林玲子(本会副会長) 小林竜太郎(本会青年部長)

忠霊殿でこの日から開催される御開帳の写真展に合わせての開催です。

主催・問い合わせ:長野郷土史研究会(電話 TEL026-224-2673


平成27年(2015)
善光寺御開帳中の「善光寺参りの絵解き」 終了しました

 善光寺は千年も前から日本中の参拝者を迎えてきました。
 その善光寺参りの姿を描いた「善光寺参り絵解き図」を作りました。
 絵の説明をすることを絵解きと言いますが、絵解きは長野に定着している文化です。善光寺参りをした人々の願いや思いを

「善光寺参り絵解き図」を使って七五調で絵解きします。善光寺御開帳(4月5日〜5月31日)ご参拝の前に是非お聴きください。

 口演:小林玲子(長野郷土史研究会副会長)、小林竜太郎(長野郷土史研究会青年部長)
 いずれの会場も事前申し込み不要です。
 

竹風堂大門ホール会場(長野市大門町 竹風堂善光寺大門店3階) 

主催:長野郷土史研究会
参加費:500円(絵解きの書籍販売もあります)

 4月18日(土)・23日(木)・27日(月)
 5月10日(日)・14日(木)・18日(月)・24日(日)・28日(木)

  いすれも11:00〜 各30分


善光寺事務局3階講堂会場(長野市元善町 善光寺境内東側)

主催:長野郷土史研究会 協力:善光寺
参加費:無料(絵解きの書籍販売があります)
 4月15日(水)・29日(水・昭和の日)
 5月6日(水・振替休日)・20日(水)
   いずれも1日2回13:30〜、14:30〜 各20分



八十二別館スペース82会場(長野市岡田)
「善光寺参り絵解き図」原画の絵解き

主催:公益財団法人八十二文化財団、長野郷土史研究会
参加費:無料
 4月7日(火)10:30〜、11:30〜
    9日(木)13:30〜、14:30〜
   11日(土)13:30〜、14:30〜
    いずれも各15分、定員:先着30名

【平成27年度総会・記念行事】  終了しました
御開帳直前講座
「絵解きで伝える善光寺参り―千年前から千年先へ―」

2015
131日(土)
竹風堂大門ホール(長野市大門町 竹風堂善光寺大門店3階)
事前申し込み不要
参加費:500円(小学生以下無料)

9:30
10:10 総会(総会のみご参加は無料)

10:30
12:00 記念行事
1部 講演:「絵解きで伝える善光寺参り―千年前から千年先へ―」
小林一郎(本会会長)
2部 絵解き:小林玲子(本会副会長)、小林竜太郎(本会青年部長)

 この日に合わせて
長野郷土史研究会テキストブック『絵解きで伝える善光寺参り―千年前から千年先へ―』(定価:1,000円)を出版します。

今後も絵解きの会場で販売します。

いよいよ始まる百話の絵解き
「善光寺御開帳前学習会」
完成した「善光寺参り絵解き図」を使って、善光寺を目指した旅人たちの願いや思いを絵解きします

第1回「お披露目 新作 善光寺参り絵解き図」

2014
518() 13:3015:00(開場13:00終了しました
会場:竹風堂大門ホール(長野市大門町、竹風堂善光寺大門店3階)
トーク「新作 善光寺参り絵解き図完成まで」:尾頭/OZ/山口佳祐(絵師)、小林玲子(長野郷土史研究会副会長、絵解き口演家)
講演「なぜ今善光寺参り絵解き図か」:小林一郎(長野郷土史研究会会長)
絵解き:小林竜太郎(長野郷土史研究会青年部長)、小林玲子
参加費:500 円(小学生以下無料)、先着90名
申し込み不要

第2回
2014
622() 10:0011:30(開場9:30) 終了しました
会場:かるかや山西光寺大広間(長野市北石堂町)
講演「善光寺参り絵解き図で知る門前町」:小林一郎(長野郷土史研究会会長)
絵解き:竹澤環江(かるかや山西光寺副住職寺庭)、小林玲子
参加費:1,000円(小学生以下無料)、先着90名
申し込み不要

第3回
2014
720() 13:3015:00(開場13:00終了しました
会場:善光寺白蓮坊(長野市元善町)
講演「善光寺参り絵解き図で知る善光寺」:小林一郎(長野郷土史研究会会長)
絵解き:鈴木健一(白蓮坊執事)、小林玲子
参加費:1,000円(小学生以下無料)、先着90名
申し込み不要

 

 

 

 

 

 

 

 

戻る