善光寺は千年も前から日本中の参拝者を迎えてきました。絵の説明をすることを絵解きと言いますが、絵解きは長野に定着している文化です。
 
長野郷土史研究会では、平成27年(2015)春の善光寺御開帳、新幹線金沢延伸を前に「善光寺参り絵解き図」を制作しました。そこに描かれたのは、300年前の善光寺と門前町、全国から善光寺をめざした人々の姿です。
 今後、千年以上前から善光寺を訪れた人々の思いや願いを伝える百話の絵解きを七五調で行っていきます。
 善光寺御開帳ご参拝の前に是非お聴きください。



●今後の行事
長野郷土史研究会最新情報

●各地での絵解き口演のご報告(随時更新)
小林玲子の善光寺表参道日記(絵解き・講演会)

2015年1月発売
 『絵解きで伝える善光寺参り ―千年前から千年先へ―』
 
   小林一郎・小林玲子著 光竜堂 B5判80頁 定価:税込1,080円(送料215円)
 全国各地に伝わる善光寺参りの伝説には人々の様々な願いや思いが込められています。この本は、新作の「善光寺参り絵解き図」に描かれた人物等を取り出し、絵解きする概略を示しました。その一部については巻末に実際に絵解きする台本を掲載しています。
[目次]
善光寺参りの伝説とその絵解き
絵解きの復興とこれから
絵解きで伝える願いや思い(全国102話)
 北海道・東北地方編/関東地方編/北陸地方編/東海地方編/近畿地方編/
 中国・四国地方編/九州地方編/信濃編
絵師として描写に込めた想い・制作工程(尾頭/OZ/山口佳祐) 『長野』295号より再掲載
絵解き台本(抜粋)

ご購入方法
●絵解きの会場で
●善光寺界隈の店:表参道まちの駅(東後町)、朝陽館荻原書店(新田町)、長野西沢書店(大門町)
            マゼコゼ(長門町)、モンマートとみや(横沢町)
●ご希望の方には振替用紙同封でお送りします。直接、長野郷土史研究会までお申し込みください。
小林一郎・小林玲子の善光寺・絵解き関係書籍・DVD


●制作・絵解き開始までの活動(ブログ)
善光寺参り絵解き図制作プロジェクト


善光寺参り絵解き図原画(尾頭 画)は、「八十二銀行大門町支店」で展示されています

展示期間: 2015年10月〜 終了未定
銀行の開店時間(平日9時〜15時まで)にご覧いただけます。



  本ページに掲載した写真・ロゴの転用はご遠慮ください。