ようこそ緑の牧場学園のホームページへ

あなたは番目のお客様です


理事長ご挨拶

我が学園のホームページをご覧いただいている皆様へ

学園のホームページにようこそ!

昭和63年5月に緑の牧場学園(当時定員40名)を長野県佐久市(当時浅科村)に開園。関東地区36箇所の敷地候補地から千葉県八街1,500坪と長野県浅科村2,000坪に絞り、最終的に長野の地に施設建設を行うことに決定。実に建設準備期間7年の月日を経て東京都委託施設としてオープン。この2つの候補地、東京から近くて暖かい千葉県と遠くて寒い長野県の真逆の地域。施設建設を推し進めてきた後援会(当時28家族で構成)はどちらを選定するかに悩み、長野県に決定。その後、長野五輪の開催も手伝って東京からのアクセスが整備、信越高速道及び長野新幹線の開通。この2つのアクセス整備は保護者の大半の方々が東京在住とあって大いに便利になったのではないでしょうか。
 さて、この30年間を振り返ってみますと、福祉にとってどのような時代だったでしょうか。一つ言える事はめまぐるしい法改正。法改正の迷走と言っても過言ではありません。従来の措置制度から利用契約制度が新導入され支援費制度が施行されましたが1年半で財政的に破綻、その後も障害者自立支援法、さらに障害者総合支援法と度重なる法改正で利用者も事業所も翻弄。無理もない話、半世紀にも亘る措置制度からの大改革でしたから、混乱の始まりであることは当然と言えば当然でした。
 さらに介護保険制度の新設に伴い成年後見制度の改正、この成年後見制度は明治時代の民法、禁治産・準禁治産制度からの一世紀に亘る人改正。そして障害者虐待防止法、障害者差別解消法など関連法案が次々と成立・施行。国連の障害者権利条約の成立と批准、これでやっと障がい者の方々も普通の暮らしが保障されるスタートラインに立てたのかな。これから私ども事業所が虐待や差別の無い社会に向って一つひとつ勝ち取っていかなくてはならない。
 ところで今年、平成30年、当学園の周年と重なり合います。この節目に昨年(平成29年4月)には福祉の一番の根幹となる社会福祉法の改正とともに社会福祉法人制度の改革が始まりました。昨年の今頃は全国の社会福祉法人も組織の再編に大変苦労されたのではないでしょうか。経営組織のガバナンスの強化、評議員会の再編と評議員の選任・解任委員会を設置し外部から委員を招聰。それによって理事会に対する牽制機能を発揮。事業運営の透明性を図り財務諸表、役員報酬基準の公表。純財産から事業継続に必要な財産の額を控除し、福祉サービスに再投下可能な財産額(社会福祉充実残高)を明確にする。そして地域における公益的な取り組みを実施する責務が求められている。これらの法人制度改革への適切な対応に向けた指導監査ガイドラインが厚労省から発表されるようですが「やらされ感」ではなく我が法人でも積極的に取り組まなければならない。
 2025年問題、つまり団塊の世代が後期高齢者の突入、社会保障費の急増、介護・福祉を担う人材不足が叫ばれております。さらに言えば2040年問題、これは「高齢者の急増」から「現役世代の急減」へ局面変化、自治体機能の維持困難などを見据えて、我が法人も中・長期計画を見直さなければなりません。奇しくも前任施設長が困難な人材確保、作業棟建設、駐車場整備、増築により2人部屋の解消、傷んだ箇所の大規模な修繕等々に取り組んでくれました。見事に過去30年間の垢、問題の解消に尽力していただきました。この30周年の節目にまた新たなる課題克服と目標に向け、利用者の高齢化も含め、利用者やご家族の皆様に安心、安全そして快適な生活をしていただくために努力していかなければと新任施設長とともに職員一同決意を新たにしております。

 





                            社会福祉法人からし種の会
                          
理事長 的場正芳

施設長ご挨拶

 このたび、理事会において、施設長(管理者)の大役をおおせつかることになりました。前任の小林施設長が長きにわたり、粉骨砕身され、ここまで成長した施設(事業所)をお引き受けするのは身の引き締まる思いがいたします。
 現在、法人全体として76名の利用者の皆さんに利用していただいており、“利用者の権利擁護”“利用者主体のサービス”“地域に開かれた施設”の3つの理念。「個性化」「家族化」「地域化」「生産化」「民主化」の5つの基本方針の下、職員60名で多岐に渡る支援を提供しています。利用者の皆さん一人ひとりが安全で安心して暮らせる施設(事業所)になるよう全力を尽くす覚悟でいます。またそこに働く職員の皆さんがやりがいを持って取り組める、風通しのよい職場づくりを目指します。
 引き続きみなさまに教えを請うことや、不慣れな部分もたくさんありますが、お力添えをいただきたいと思います。よろしくお願いいたします。





                                        緑の牧場学園
                                        施設長 廣田典昭

新着情報

2017.11.1 ・事業内容にグループホームのパンフレットを掲載しました。
2017.12.1 ・情報公開のページを更新しました。
2018.08.20 ・情報公開のページを更新しました。