galerie / 生活、工芸、アートなどの企画展を開催

2015
3/5 thu. → 3/23 mon.

福田敏雄・高田晴之
           
        4/16 thu. - 4/27 mon. mon Sakata S/S   mon Sakata

軽やかで自由なmon Sakataの服。
2015s/sは、より心の軽さを象徴しているかのように、ビビットな色合い
のジャケットや袋、アンシンメトリのブラウス、ボーダーのフランス風
エプロンなど、心躍る服が登場します。もちろん、人気のカットソーや
パンツ等も充実。5年振りのs/s、お愉しみ頂けるものとなると思います。

           
        同時開催
紙を写す×布を綴る  mon Sakata × 都筑晶絵(製本家)

mon sakata展と併せ、mon Sakataの布と、製本家である都筑晶絵の紙と
作品を交換し、お互いへのオマージュ作品を制作して頂きました。
mon sakataの白プリント服や、型紙を綴じたmon Sakataノートなど、
今展のための2人の作品が並びます!
           
        5.14 thu. -6.1 mon. 透ける 鎌田奈穂金工展


カトラリーからジュエリーまで、彼女の世界観を反映した、
金工作品が並びます。今展では、匙、箱、硝子のボトルとの共作など
美しい銀の細工作品を中心に展示致します。
初めての長野での個展ということもあり、定評のあるブリキと真鍮を
中心にしたカトラリー、もうひとつの顔である、
現代的なジュエリーもご紹介します。
           
        7.9 thu - 7.20 mon. 海の日 竹を編む 吉田佳道

花のかご
街歩きや山歩きのための手付きかご
収納のためのかご
お茶の時間のための竹製品
お茶の道具

元々花がお好きで、花屋で働いていた経験を持つ吉田さん。
安曇野のご自宅のお庭では、楚々とした山野の草花を育てられています。
そして、お茶の時間もとても大切にされ、その嗜好は作品に反映されています。
花もお茶も、日常の句読点のようなもの。日射しの強くなる7月、
ほっとひと息ついて頂けたらと思っております。
           
        9.17 thu. -9.28 mon.
月光 加藤尚子
パートドヴェール 硝子の彫刻

硝子の粒を重ね焼くことで、硝子でしか成し得ない作品を作る。
日々生きる中で思うこと、考えること、関わること、
そういった事象を制作に 投影していく。
見えそうで見えない、見えなさそうで見える、混ざっているのか
境界があるのか、それは私たち見るもの次第。
           
        11.12 thu. -11.23 mon. atelier Une place collection Ⅴ

生地を選ぶ優れた目と、縫製技術の高さ。
そして、ここかしこに宿る、ユヌプラス好みのディテール。
植物素材による日常服から、獣毛のコートまで、
真直ぐな技術と嗜好に支えられた、素晴らしい衣服です。
           
        12.11 fri. 12 sat. 13 sun. 14 mon. FELT WORK 中林うい新刊出版記念展

バッグ作家中林ういさんによる新刊が、5年ぶりに出版。
その初の出版記念展を長野で開催致します。
新刊記念の限定 ui Bag、限定フエルト箱等も並びます。
           
        12,17 thu. - 12.27 sun. ジュエリー 平井浩子

14th lapis 石
           
2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002
戻る 

copyright 2015.Geshi All Rights Reserved