Gallery / 生活、工芸、アートなどの企画展を開催

有田 唐津

梶原靖元 浜野まゆみ 矢野直人 山本亮平



2017,5.18 thu. → 5.29 mon.
会期中
open 11:00~18:00
close tuesday + 5/17 wed. 5/31 wed.



*在廊 浜野さんが初日18日にいらして下さいます。



唐津、そして有田は、静かな街でした。
暑い暑い真夏の日、私たちは海に囲まれた、
このやきものの街を訪ねました。
唐津城から玄界灘を眩しく臨み、有田では今も残る古窯を巡る。
唐津焼を使われている料理屋さんにて、
皆の盃を持ち寄り、料理とお酒に舌鼓。
やきものというものに、改めて魅了され、
熱心に身体で語る4人に、強く心を動かされた旅でした。

唐津、そして有田の陶磁器は、
手に収まりが好く、料理映えし、酒がついついと進み、
手に包み込まれる穏やかな品格があります。
陶工の洒落と探究心。
それは、この4人衆にも受け継がれているようです。

有田にて日本初の磁器が誕生し、401年。
旅でのやきものの体験と、4人の陶工の眼差しを、
皆様と共有できましたら幸いでございます。
         
   
< 梶原靖元 >
1962 伊万里市に生まれる
1980 有田工業高校デザイン科卒業
1980 唐津焼 太閤三ノ丸窯に弟子入り
1986 京都 平安陶苑にてクラフトを習う
1989 大丸北峰氏に師事し煎茶道具を習う
1995 唐津市にて独立

未知なるものを探る研究者のように、
独自の眼差しで唐津のやきものの源流を紐解く。
その手から生まれる陶磁器は、
若芽のような新鮮さに溢れている。
 
< 浜野まゆみ >
1974 川越市に生まれる
1998 武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業
2000 佐賀県立有田窯業大学校卒業
   伝統工芸士 秀島和海氏に師事
   李莊窯 寺内信二氏に師事
2001 川越にて開窯

糸切り成形にて成しえる、豊かで女性的な形状と、
日本画に学んだ静かで奥行きのある絵付けが魅力。


         
     
   
< 矢野直人 >
1976 唐津市に生まれる
1994 5年間アメリカ留学
2002 佐賀県立有田窯業大学校卒業
2004 自宅・殿山窯(唐津市鎮西町名古屋)にて作陶を始める

桃山古唐津の系譜を踏まえた陶磁器を幅広く作陶。
骨があり、料理への懐の深い器は、お人柄と重なる。

 
< 山本亮平 >
1972 東京に生まれる
   多摩美術大学油絵科卒業
2000 佐賀県有田窯業大学短期終了

重みと軽み、柔らかさと堅気。
相反する個性を調和させた、穏やかな白磁と染付を作陶。
最近では、陶器と磁器の個性を併せ持つ
初期伊万里に挑戦している。
       

*会期中、shopのものも併せてご覧頂けます。

*カードのご利用は出来ません。 宜しくお願い致します。
       
                        top pageへ  

copyright 2017.Geshi All Rights Reserved