galerie/企画展  
冬時間

2008,11.20 thu.→ 12.8 mon.

   (定休日●毎週火曜日+11/19水,12/10水)


 寒さゆえに、暖かく感じることもある。

 穏やかで、静かな時間を過ごせそうな小部屋が出来ました。
 井藤昌志さんからは小さな家具と大小様々なオーバルボックス、ユヌプラスさんからは、質の良い防寒着とお部屋での布製品が届きました。

 「額縁」のイメージで、と井藤さんは額の様な椅子や飾り棚を作って下さいました。ナチュラルな色のものや白くペイントされたものもあり、何処からか音楽が聞こえてきそうな家具です。昨年、シェーカー教徒の足跡を辿る旅をされ、形だけでなく、背景や使われている情景などを知り、オーバルボックスへの思いを更に強くされたようです。赤や青などカラーも増え、椅子になるほど大きなものも加わりました。

 良質なものを少量ずつ、ずっと変らず誠実なもの作りをされているユヌプラスさん。ユヌプラスさんの作られるものには、家族や近しい方の為に作って下さったもののような、親しみと愛情を感じます。身に着けたり、肌に触れたりすると、いつも心がほぐれるような気がします。デザイン、裁断、縫製と全てお一人で作られた秋色の服と、イギリスやフランス、ベルギーなどから集めた、カシミアやネルなどの暖かな素材の防寒着。普段から愛用してる、ガーゼタオルや靴下なども届いています。

 お二人の波長が上手く合い、暖かなよい空間が出来ていると思います。

 22日の小雪を前に、気温が下がり空気が澄んできました。冬が近づいてきているようです。室内で過ごすことの多くなる季節、暖かなよいものを見つけて頂けますと幸いです。


 

   気に入りの椅子があったなら
   苦手な繕いも好きになれる
   エメラルド色のマフラーを巻けば
   木枯らしも楽し
   心をあたため
   冬の時間






           井藤 昌志:リビングでの木製品
                 大小のovel box
                 美しい小家具、他
           une place:カシミアマフラー
                 暖かな衣服
                 肌に優しい布製品、他
                戻る

copyright 2008.geshi All Rights Reserved