galerie/企画展  
展覧会会場へ→  

boncoin


2008,6.19 thu.→ 7.7 mon.

   (定休日●毎週火曜日+6/18水,7/9水)


 boncoin=良い角地
 その名の通り、boncoinは活気と素朴さが共存する、高知の街角にあります。素っ気ない店構え、からっとした良い空気、きれいに畳まれた真白のリネン、細々置かれた古い文具、全てが魅力的で、その日以来忘れられない店となりました。

 そのboncoinさんが、初夏の長野、夏至に来て下さいます。
 フランスより、沢山の荷が届きました。細部まで、はっとする程丁寧に作りこまれた道具や、衣服ばかりです。誰かが誰かを思い作られ、長い年月の間大切に使われてきたものです。めぐりめぐって、この地に届いてきました。
 嬉しく思いを馳せつつ、又いつか、次の誰かに手渡すときが来るまで、大切に使い続けていけたら、と思っています。


       ・・・・・・・・・・・・
 
 例えば。

 綿のブラウス。とてもきれいな真鍮のホックが手で縫いつけられ、細いレースで丁寧に縁取られています。
 古い紙のタグ。小さなピンをタグの穴に通すことで、幾度も使うことが出来るようになっています。
 土のビー玉。赤、青、緑、フランスの子ども達は、どんな風にこのビー玉で遊んだのでしょう。
 

 名も無い人々の暮らしの中から生まれた手仕事は、どの国のものでも、とても美しいものです。遥か昔、海の向うの人々は、何を思い、どんな暮らしをしていたのでしょう。

 小さな旅に。

 皆様のご来店を、心よりお待ち申し上げております。


                  店主



  boncoin 高知の街角にある小さな店
  フランスの古い生活道具が並んでいます
  人の手から生まれ 多くの時代を渡り
  そして 幾つもの海を越え
  今 この手に届く不思議です



   フランスの古い生活道具、材料、boncoinオリジナル
                戻る

copyright 2008.Geshi All Rights Reserved