galerie/企画展  
夏籠

2007,5.10 thu.→ 5.28 mon.

   (定休日●毎週火曜日+5/9水,5/30水)


 ナツカゴ。

 木々が芽吹き、瑞々しい緑の季節になりました。5月も半ばになると、少しずつ夏が顔を覗かせ始めます。

 新緑の季節、一足早く夏の籠をご紹介致します。

 大橋さんの籠は、毎年この頃になると、店に並びます。とても目を引くかごで、印象に残っている方も多いのではないでしょうか。籐という素材を用いており、モダンで、非常に強靭なかごを作られます。
 マチの薄いデザインは、中で物が動かず、かごの中をとてもきれいに保てます。
 黒、モスグリーン、茶といった色合いは、大人っぽく、どんなお洋服にも合わせて頂けます。綿パンツ、デニム、麻のワンピース、スーツ、、、。お仕事にも、高原にも、どちらにも不思議と似合う、懐の深いかごなのです。
 これからの季節、お着物や浴衣にもとても良く合います。
 また、本を2〜3冊入れても大丈夫。もう何年も愛用していますが、買った頃と変わらず、とても美しいままです。

 大橋さんは、しなやかで、健やかで、とても前向きな方。かごを手に取るたび、真摯に籐に向かう姿、何方が使ってくれるのかしらと思いを馳せながら、楽しく制作されているご様子を思います。
 
 今回は、リバティのプリントコットンを張った少し可愛らしいかごや、編み目の華やかなかごなども作って下さいました。サザエさんの買い物カゴ風のものも。
 葛籠や、小箱などのお部屋のものも届いております。

 夏の一歩手前、ぜひ、涼やかなナツカゴ展をご覧下さいませ。私達も日々、沢山の荷物を入れて、顔だけは涼しげに歩いていますよ。

 庭のツユクサや都忘れも、紫色の花を付け始めました。
 気持ちの良い5月。
 皆様のご来店を、心よりお待ち申し上げております。
 
  緑雨上がり
  日傘に着替えて 夏の籠
  うつしばなに想うはいつかの
  夏の記憶



  うつしばな;露草のこと。
        ツユクサは草木染の原型、
        摺り染めが行われた最初の花で、
        うつしばなとの別名があるそうです。    
  → 少しだけ、作品をご覧下さい
                戻る

copyright 2007.Geshi All Rights Reserved