川と扇状地  裾花川
人工的に流れ変える 善光寺南部の洪水対策
人工的に南流させた裾花川
   (相生橋から上流を望む)

長野の大地みどころ100選の目次にもどる
GANNのホームページ目次にもどる
 旭山の北麓を流れてきた裾花川は,長野保健所の西側で急にカーブして南へ流れて
いきます.保健所脇の堤防は,大水が出た時に水が強くぶつかるため常に危険にさら
されてきました.どうして裾花川はここで急に南へ流れを変えるのでしょうか。
 もともと裾花川は,県庁の南から新田町付近を通って南東側へ流れていました。し
かし,善光寺町の南部が拡大するにつれて洪水の被害を受けることが多くなり,これ
を防ぐために人工的に裾花川の流れが変えられたのです。これは1600年代初頭のこと
でした.松代城代の花井吉成・吉雄父子によって現在の県庁西側の白岩地籍が堀り割
られ南へ流れを変える、付けかえが行われたと伝えられています。
 裾花川が流れていた跡にあたる長野市鶴賀・七瀬は,かつて七瀬河原村と呼ばれて
いました。この東側には,川端・南俣などの地名があります。これらの地名はここが
江戸時代以前に,裾花川の川筋であったことを物語っています。当時の川筋は,その
後も北八幡川・南八幡川・古川などとして残り,善光寺平の重要な潅漑用水(かんが
いようすい)として整備され,江戸時代以降、広い地域をうるおしてきました。
 白岩から南へ瀬替え(せがえ)された裾花川は,洪水のたびにたくさんの土砂を犀
川との合流部へ押し出しました。この土砂の押し出しに押されて,犀川は少しずつ流
れる位置を南へ移動していきました。犀川の北岸にある川合新田は,江戸時代の初め
ごろ川合村の新田として開拓された集落で、更級郡に属しました。ところが寛延年間
(1748-1751)に犀川の流路が変わったため、本村と新田村が南北に分けられたため
分村したと言われています。それ以前の犀川の本流は,川合新田の北側を流れていた
ようです。川合新田は明治12年になって上水内郡に編入され,それ以降犀川が上水内
と更級両郡の境となりました.

         地団研長野支部  赤羽 貞幸 (信州大学教育学部教授)