第1回 4/ 7「長野盆地周りの山々」(全体構想の説明、総論)
                                                       
中村由克(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)

<シリーズ1 北信五岳>
第2回 4/14「飯綱山」二重式火山 何度も噴火・・・・・・・・ 田辺智隆(戸隠村地質化石館学芸員)
第3回 4/21「戸隠山」海底火山 大噴火し隆起
・・・・・・・・ 田辺智隆(戸隠村地質化石館学芸員)
第4回 4/28「黒姫山」4万年前に山頂崩壊
   ・・・・・・・・ 近藤洋一(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)
第5回 5/ 5「妙高山」古い火山が重なり形成
  ・・・・・・・・近藤洋一(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)
第6回 5/12「斑尾山」なだらか 地味さ特徴
  ・・・・・・・・近藤洋一(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)

<シリーズ2 丘と近くの山>
第7回 5/19「城 山」東側急斜面 西側緩やか ・・・・・・・・小林和宏(長野西高校教諭)
第8回 5/26「豊野丘陵」かつての湖底の名残
 ・・・・・・・・ 花岡邦明(長野聾学校教諭)
第9回 6/ 2「皆神山」マグマが溶岩ドーム形成
・・・・・・・・渡辺佳美(総合地質コンサルタント)
第10回 6/ 9「臥竜山」歴史と自然 憩いの場
  ・・・・・・・・寺尾真純(臼田高校教諭)
第11回 6/30「大峰山」山頂は古犀川の河原
    ・・・・・・・・赤羽貞幸(信州大学教育学部)

<シリーズ3 川と扇状地>
第12回 7/ 7「浅 川」水田の水確保に悩む  ・・・・・・・・花岡邦明(長野聾学校)
第13回 7/14「百々川と松川」魚がすまない赤い川・・・・・・・寺尾真純(臼田高校)
第14回 7/21「犀 川」かつて何本もの支流  ・・・・・・・・市川桂子(県埋蔵文化財センター)
第15回 7/28「裾花川」人工的に流れ変える   ・・・・・・・ 赤羽貞幸(信州大学教育学部)
第16回 8/ 4「千曲川」中野市にはいると蛇行 ・・・・・・・・ 山本岩雄(木島平中部小学校)

<シリーズ4 山のしぶき(滝)>
第17回 8/11「米子大瀑布」柱状節理の岸壁削る・・・・・・・・ 田辺智隆(戸隠村地質化石館学芸員)
第18回 8/18「雷 滝」軟らかい岩削り回廊に ・・・・・・・・ 塩野敏昭(信大学院工学系研究科研究生)
第19回 8/25「隠 滝」高さ30メートル地滑りが原因 ・・・・・田辺智隆(戸隠村地質化石館学芸員)
第20回 9/ 1「苗名滝」黒姫火山 噴火の名残 ・・・・・・・・ 近藤洋一(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)
第21回 9/ 8「五色滝と不動滝」本流硬い岩えぐる ・・・・・・・田辺智隆(戸隠村地質化石館学芸員)


<シリーズ5 化石>
第22回 9/15「茶臼山の植物」北信を代表する宝庫 ・・・・・・・畠山幸司(茶臼山自然史館学芸員)
第23回 9/22「中条村城下のマガキ」400万年前 湾奥の干潟・・・ 成田 健(信州新町化石博物館学芸員)
第24回 9/29「戸隠村のシンシュウゾウ」500万年前大陸から・・・田辺智隆(戸隠村地質化石館学芸員)
第25回10/ 6「ゆたんぽ」 ナウマンゾウの臼歯 ・・・・・・・ 近藤洋一(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)
第26回10/13「長野市にもいたナウマンゾウ」南郷層から臼歯の破片・・近藤洋一野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)


<シリーズ6 絶壁(大きな岩)>
第27回10/20「白 岩」時代が異なる3地層  ・・・・・・・・ 花岡邦明(長野聾学校教諭)
第28回10/27「狢郷路山」縦の割れ目 柱状節理・・・・・・・・ 田辺智隆(戸隠地質化石館学芸員)
第29回11/ 3「小市の白い崖」火山噴出物の凝灰岩・・・・・・・ 小林和宏(長野西高校教諭)  
第30回11/17「十三崖」チョウゲンボウが営巣 ・・・・・・・・ 山本 岩雄(木島平村中部小学校
教諭)

<シリーズ7 遺跡>
第31回11/24「野尻湖周辺」氷河時代の多くの湖沼・・・・・・・ 中村由克(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)
第32回12/ 1「飯綱高原」石器や剥片などを発掘・・・・・・・・ 矢嶋勝美(長野南高校教諭)
第33回12/ 8「湯倉洞窟」凝灰岩や玉随 色鮮やか・・・・・・・ 中村由克(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)
第34回12/15「屋代の自然堤防」5〜6mの深さに集落・・・・・・ 市川桂子(県埋蔵文化財センター)
第35回12/22「箱清水と浅川扇状地」至る所に住居跡や溝・・・・ 市川桂子(県埋蔵文化財センター)

<シリーズ8 地震と断層>
第36回 1/ 5「善光寺地震の傷跡 直下型の激しい縦揺れ」・・・ 小林和宏(長野西高校教諭)
第37回 1/12「善光地震と崖 盆地と山地 別々に運動」・・・・ 小林和宏(長野西高校教諭)
第38回 1/19「県庁付近 公園に東西2.5mの段差・・・・・・・吉田裕香里(ミヤマ(株))
第39回 1/26「小松原 地下の破壊 地表で崖に 」・・・・・・・畠山幸司(茶臼山自然史館学芸員)
第40回 2/ 2「松代 「群発」震源次第に拡大」 ・・・・・・・・中川正巳(篠ノ井旭高校教諭)

<シリーズ9 地下資源>
第41回 2/ 9「長野の油田」半ドーム状泥岩層に蓋・・・・・・・・宮下 忠(長野高校定時制教諭)
第42回 2/19「赤柴鉱山」古くから断続的に採掘 ・・・・・・・・畠山幸司(茶臼山自然史館学芸員)
第43回 2/23「長野市の亜炭」地表近くに数10cmの層・・・・・・・畠山幸司(茶臼山自然史館学芸員)
第44回 3/ 2「硫 黄」日本でも有数の産地  ・・・・・・・・  田辺智隆(戸隠村地質化石館学芸員)
第45回 3/ 9「柏原鉱山」鉄の鉱床 現在も採掘 ・・・・・・・・ 中村由克(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)

<シリーズ10 石材>
第46回 3/16「善光寺の敷石」安山岩 郷路山で採取 ・・・・・・小林和宏(長野西高校教諭)
第47回 3/23「松代の柴石」黒いレンズ状の模様 ・・・・・・・・矢嶋勝美(長野南高校教諭)
第48回 3/30「雁田山」北信で最大の採石場  ・・・・・・・・ 中村由克(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)
第49回 4/ 6「村雨石」深海の底 たまった泥岩・・・・・・・・ 渡辺佳美(総合地質コンサルタント(株))

<シリーズ11 名勝>
第50回 4/13「蜂の巣状風化岩」1000万年前の海底隆起・・・・・ 渡辺朋子(前鬼無里中学校教諭)
第51回 4/30「舟 石」 飯綱山 火山活動で噴出・・・・・・・・富樫 均 (長野県自然保護研究所)
第52回 4/27「ブランド薬師」海底にたまった凝灰岩・・・・・・ 田辺智隆(戸隠地質化石館学芸員)
第53回 5/ 4「お膳鬼谷の三竈」裾花川岸壁 3つの洞くつ・・・ 田辺智隆(戸隠地質化石館学芸員)
第54回 5/11「大柳と井上の枕状溶岩」流出し次々積み重なる ・・畠山幸司(茶臼山自然史館学芸員)

<シリーズ12 湖沼>
第55回 5/18 「逆谷地湿原」秘めた10万年前の歴史 ・・・・・ 富樫 均(県自然保護研究所所員)
第56回 5/25 「大座法師池」安定した地形とわき水・・・・・・ 富樫 均(県自然保護研究所所員)
第57回 6/ 1 「涌 池」善光寺地震で出現  ・・・・・・・・ 近藤洋一(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)
第58回 6/ 8 「柳久保池」山崩れ 川をせき止める・・・・・・・近藤洋一(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)
第59回 6/15 「野尻湖」東西 大きく異なる地形・・・・・・・・近藤洋一(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)


<シリーズ13 周辺の山>
第60回 6/22 「高社山」盆地の出口にある火山・・・・・・・・ 山本岩雄(木島平村中部小学校教諭)
第61回 7/ 6 「横手山」古いグループの火山 ・・・・・・・・ 赤羽貞幸(信州大学教育学部)
第62回 7/13 「志賀山」志賀高原の新しい火山・・・・・・・・ 赤羽貞幸(信州大学教育学部)
第63回 7/20 「四阿山」カレーをかけたように・・・・・・・・ 田辺智隆(戸隠地質化石館学芸員)
第64回 7/27 「姨捨山」名をはせる「名月の山」・・・・・・・ 矢嶋勝美(長野南高校教諭)

<シリーズ14 丘を行く>
第65回 8/10 「富士の塔山」山頂付近転がる巨礫・・・・・・・ 小林和宏(長野西高校教諭)
第66回 8/17 「もとどり山」エジリン輝石含む岩石・・・・・・ 近藤洋一(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)
第67回 8/24 「東山丘陵」普通の礫岩よりもろい・・・・・・・ 田辺智隆(戸隠地質化石館学芸員)
第68回 8/31 「ローム層」飯綱山の火山灰 覆う・・・・・・・・花岡邦明(長野聾学校教諭)
第69回 9/ 7 「高丘丘陵」激しい地殻変動の跡・・・・・・・・
山本岩雄(木島平村中部小学校教諭)

<シリーズ15 川とともに>
第70回 9/14 「浅川」 川の流れ周囲より高く・・・・・・・・ 花岡邦明(長野聾学校教諭)
第71回 9/28 「宇原川」溶岩の割れ目に地下水 ・・・・・・・・ 田辺智隆(戸隠地質化石館学芸員)
第72回10/ 5 「千曲川」運ばれた土砂が堆積  ・・・・・・・・ 近藤和子(県農業総合試験場)
第73回10/19 「土尻川」砂岩や泥岩を削る作用 ・・・・・・・・ 花岡邦明(長野聾学校教諭)
第74回10/26 「夜間瀬川」土砂をためて扇状地に・・・・・・・・
山本岩雄(木島平村中部小学校教諭)

<シリーズ16 (生活と)地盤>
第75回11/ 2 「長沼・古里地域」厚さ20mもの軟弱地盤・・・・・ 塩野敏明(地質コンサルタント)
第76回11/ 9 「長沼地震」地面割れ 泥水噴き出す・・・・・・・ 塩野敏明(地質コンサルタント)
第77回11/16 「茶臼山と下石川」善光寺地震前に地滑り・・・・・塩野敏明(地質コンサルタント)
第78回11/23 「真光寺地滑り」弱い地盤を浅川浸食・・・・・・・藤田和則(中部地質K.K.)
第79回11/30 「芋井の地滑り」軟らかい土とわき水・・・・・・・田辺智隆(戸隠地質化石館学芸員)
第80回12/ 7 「虫倉山の崩壊」 善光寺地震で大被害・・・・・・内田 克(日本物理探査K.K.)

<シリーズ17 ガイド(博物館など)>
第81回12/14 「松代地震観測所」システムは世界レベル・・・・・・・中川正巳(篠ノ井朝日高校教諭)
第82回12/21 「茶臼山自然史館」化石の展示 館外は現代の動植物園・・ 畠山幸司(茶臼山自然史館学芸員)
第83回12/28 「信州新町化石博物館」西沢コレクション基に・・・・・成田 健(信州新町化石博物館学芸員)
第84回 1/11 「戸隠地質化石館」古い木造校舎を利用 体験学習も人気・・ 田辺智隆(戸隠地質化石館学芸員)
第85回 1/18 「野尻湖ナウマンゾウ博物館」出土品1000点展示・・・ 近藤洋一(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)
第86回 1/25 「長野県自然保護研究所」信州の自然を語る場・・・・・富樫 均 (長野県自然保護研究所)

<シリーズ18 町の中に見られる石材>
第87回 2/ 1 「赤御影」微細な酸化鉄が混入 ・・・・・・・・ 中村由克(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)
第88回 2/ 8 「駅ビルMIDORI」素材の色生かして絵 ・・ 田辺智隆(戸隠地質化石館学芸員)
第89回 2/15 「大理石」加工しやすく美しい ・・・・・・・・ 畠山幸司(茶臼山自然史館学芸員)
第90回 2/22 「黒みかげ」県庁の県歌碑に使用 ・・・・・・・ 花岡邦明(長野聾学校教諭)
第91回 3/ 1 「みかげ石」硬く美しい 建材に ・・・・・・・ 中村由克(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員)

<シリーズ19 温泉とわき水>
第92回 8/ 8 「飯綱鉱泉」鉄分と炭酸ガスを含む ・・・・・・ 富樫 均 (長野県自然保護研究所)
第93回 3/15 「湯田中渋温泉郷」大昔のマグマが熱源に・・・・ 寺尾真純(臼田高校教諭)
第94回 3/22 「松代温泉」化石海水と地下水混じる・・・・・・ 田辺智隆(戸隠地質化石館学芸員)
第95回 3/29 「善光寺七清水」周囲の地質が味に影響 ・・・・・畠山幸司(茶臼山自然史館学芸員)
第96回 4/ 5 「権堂温泉」繁華街の地下から温水・・・・・・・ 赤羽貞幸(信州大学教育学部)


<シリーズ20 歴史の中に登場する石>

第97回 4/12 「松代城」千曲川の自然堤防に築く ・・・・・・ 市川桂子(県埋蔵文化財センター)
第98回 4/19 「森将軍塚古墳」4〜5キロ先から大量に・・・・・ 矢嶋勝美(長野南高校教諭)
第99回 4/26 「松代焼」裾花凝灰岩風化し土に 
第100回 5/10 「小市の白土」地元の経済支えた資源
第101回 5/17 「大室古墳群」天井には切り出した岩

第102回 5/24 「連載を終えて」 類書なく新鮮 かみ砕き解説することが自分たちの勉強になった

<シリーズ(番外編)
長野の地質100選で紹介できなかったテーマや読者からのリクエスト
第1回 6/ 7 「地付き山地滑り」断層発達 複雑な地形 ・・・・・・・・ 花岡邦明(長野聾学校教諭)
第2回 6/14 「長野盆地の入り口・篠崎」宮崎秀夫さんからのリクエスト・・塩野敏明(地質コンサルタント)
第3回 6/21 「長野市の油田」原登さんからのリクエスト
第4回 6/28 「磁石になった陣場平山の石」尾根筋で落雷が直撃・・・・  田辺智隆(戸隠地質化石館学芸員)

地学団体研究会 初の現地見学会 「長野の大地・見どころ100選」で紹介した地学名所の現地見学会


  
  もどる
長野の大地みどころ100選 目次
<Count on 20030125>
zenkouji_sitisimizu.htm へのリンク
・・・・・・・ 市川桂子(県埋蔵文化財センター)
・・・・・・ 畠山幸司(茶臼山自然史館学芸員)
・・・・・・ 中村由克(野尻湖ナウマンゾウ博学芸員
・・・・・・・・ 田辺智隆(戸隠地質化石館学芸員)