平成20年  りんご畑日記

                              りんごの作業や、会の活動など、気まぐれにアップします。


8月31日
「つがる」の収穫を始めました。

美味しそうに色づいたりんごですが、上から見たら鳥に先を越されていました。こういうりんご、たくさんあります。
8月24日
生協組合員の皆様が来訪。「親子で産地訪問」。
「つがる」の目合わせの様子です。大きさや品質の出荷基準を申し合わせします。
本当ならりんごの木の下で、この後バーベキューなのですが、この日は雨天のため公会堂での交流会となりました。
8月10日 
30℃を越す暑さの中ですが、伸び放題の草退治。

8月10日 一本だけある自家用の桃「あかつき」が食べられるようになしました。

一番美味しそうなところは、鳥や虫たちに先を越されました。
7月25日
摘果作業をしていると、病気や害虫の被害にあったりんごが時々見られます。写真は、黒星病。
7月19日
梅雨が明けました。数日前から30度を越える日が続いています。我々もりんごも暑さに負けそうですが、そんな中で摘果作業も大詰めです。
7月上旬
肥料をまいているところ。
6月上旬
苗木圃場の草取りを行いました。@
A
「摘花」、ではなく「摘果」作業中、
虫にかじられたりんごが、時々見られます。
摘花作業@

作業員は12番Jr。

写真撮影用の「やらせ」ですが。
A
5〜6つ咲いた花を、中心花を残して
摘み取ります。
B
「中心花を残したよ」。
5月2日 
試験圃場で苗木づくりを行いました。
写真の苗木は受粉樹の「メイポール」。
「ふじ」の開花
今年は4月30日ころでした。@
A