インフォメーション

2014年9月24日

悪質な「パソコン等の遠隔操作を使ったインターネットプロバイダ変更」にご注意ください

平素はJANISをご利用いただきありがとうございます。

最近、以下のような勧誘があり、遠隔操作によるプロバイダ変更トラブルに見舞われるお客様が増えております。
1.大手電話会社の関連事業者から電話が来て、 パソコンやタブレットを遠隔操作することを伝えられた。
2.パソコンやタブレットの電源を入れ、 インターネットから何かソフトをダウンロード するよう指示された。
3.実際にパソコンやタブレットを遠隔操作されたが、 何をしていたのかわからない。
このようなご相談が全国の消費生活センター・インターネットプロバイダ各社に多く寄せられています。
また、このことが原因で、次のような被害を受けることになってしまいます。
・勧誘相手は大手電話会社と無関係の事業者で、 プロバイダが変更されてしまう。
・プロバイダが変更されたことで、JANISのメールアドレスが利用できなくなったり、 新しく契約したプロバイダの解約に違約金を請求されてしまう。
・パソコンにコンピュータウィルスを残されてしまう。
トラブルを回避するために
JANISでは、このような遠隔操作によるプロバイダ変更勧誘を実施しておりません。
もし、こういった勧誘がありましたら、十分ご注意いただきますよう、お願いいたします。
なお、JANISでは、

(A)お電話でJANISのお客様番号をお訊ねする
(B)お客様の依頼なくパソコンを遠隔操作する

ことはございません。

危険を感じたら
・モデムの電源を切る、もしくはLANケーブルを抜くことで、遠隔操作は終了します。
・お気づきの点等がありましたら、JANISヘルプデスク 0120-20-4824 まで、ご連絡をよろしくお願いいたします。
消費生活センター等からの注意情報
消費生活センターでは、問題解決に向けての情報提供や助言、業者とのあっせん等を行っております。
自主交渉で解決が困難な時など、お住まいの自治体の消費者センターにご相談ください。
【国民生活センターのページへ】

▲TOPへ戻る