インフォメーション

平成29年5月15日

【注意】ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)にご注意ください

平素はJANISをご利用いただきまして、ありがとうございます。

先週末より、ランサムウェアによる大規模なサイバー攻撃が世界各国で発生しており、日本国内でも同様の被害が確認され始めております。
 お客さまにおかれましては以下の内容をご参照の上、ランサムウェアの被害に遭わないよう、十分にご注意ください。

ランサムウェアとは・・・

ランサムウェア(Ransomware)に感染したパソコンをロックしたり、パソコン上のファイルを暗号化することで、 パソコンを利用不能な状態にし、この状態を元に戻すために引き換えとして「身代金」を要求するコンピュータウィルスのことです。 別名、「身代金要求型不正プログラム」とも呼ばれます。
 主な感染経路としては、「悪意あるメールに添付されたファイルを開く」、「メール本文中に記載されたリンクをクリックする」 といったことが挙げられます。

対策

ランサムウェアの対策として、以下の点にご注意ください。

・心当たりのないメールの添付ファイルを開いたり、リンクをクリックしない。

・ウイルス対策ソフトを導入し、定義ファイルを更新して最新の状態に保つ。

・OS及びインストールされているソフトウェアを更新し、常に最新の状態を保つ。


参考URL

・IPA(情報処理推進機構)
「世界中で感染が拡大中のランサムウェアに悪用されているMicrosoft製品の脆弱性対策について」

・トレンドマイクロ-セキュリティブログ
「ランサムウェア」

・Microsoft-日本のセキュリティチーム
「ランサムウェア WannaCrypt 攻撃に関するお客様ガイダンス」

・警察庁-サイバー犯罪対策
「ランサムウェア被害対策」


▲TOPへ戻る