インフォメーション

2015年3月17日

【注意】「Java Standard Edition 7」の公式サポート終了におけるお願い



 平素はJANISをご利用いただきありがとうございます。

日本オラクル社が提供している「Java Standard Edition 7」(以下「Java SE 7」)の公式サポートが、2015年4月30日をもって終了いたします。これに伴い、今後は新たな脆弱性が発見されても修正アップデートが提供されないことから、ウイルスに感染するなどの攻撃に遭う危険性が高まります。利用者様におかれましては、速やかなバージョンアップの実施が求められています。


バージョンアップを行わないと...
 
  「ホームページを改ざんされてしまった」

 「ウイルスに感染してしまい、個人情報を窃取された」

 「パソコンが遠隔操作され、悪事に利用された」

 「システムが突然ダウンした」

詳細は以下の「参考」ページに記載されていますので、ご参照の上、最新バージョン「Java 8 Update 40」
へのアップデートの実施をお願いいたします。

<参考>
  ・IPA 独立行政法人情報処理推進機構
   Java Platform, Standard Edition 7(Java SE 7)の利用者に向けた注意喚起


▲TOPへ戻る