メールソフトの送信時認証設定をお願いします

本情報は、下記フレッツ光ご利用のお客様を対象としております。
●「ご利用案内通知書」に記載されたネットワークID(接続先アカウント)が
 「xxxxx@janis.or.jp」もしくは「xxxxx@***.janis.or.jp」のお客様   ※***部はサブドメイン

メール送信時認証設定について
JANIS メールサービスでは、より安全なメールの送信を実現するため、 迷惑メール対策として、以下の対策を実施しております。

○Outbound Port25 Blockingに伴う、サブミッションポート(port587) を用いたメール送信方式の導入
○サブミッションポートを用いてメールを送信するための、SMTP-AUTH(SMTP認証)

これに伴い、お使いのメールソフトについて送信時認証設定が必要となります。
下記、各メールソフトでの設定方法をご確認の上、設定をお願いいたします。
その他のメールソフトをご利用の方は、当該メールソフトの説明を参照いただくか、JANISヘルプデスクまでご連絡ください。

OS メール送信時認証の 設定方法
Windows
Machintosh

なお、JANISではメールソフトを介さずにメールの送受信が可能な、 JANIS WEBメールを提供しております。
この機会にぜひご検討頂ければと存じます。
『Outbound Port25 Blocking』、『SMTP-AUTH』について
以下は、『Outbound Port25 Blocking』、『SMTP-AUTH』の説明となっております。
● Outbound Port25 Blockingとは?
電子メールを送信するとき、プロバイダを通して電子メールサーバに接続します。
電子メールサーバが、電子メールを受け取るために用意している入口のことを「25番ポート」と言います。
この25番ポートを使った通信にはユーザIDやパスワードでの認証がありません。
これは、どんなメールソフトを使ってもメール送信ができるため便利なのですが、誰でも自由にメールを送信できてしまいます。
そのため、その弱点をついて迷惑メールも送られてしまうという問題があります。

     25番ポートを使ったメールの送信ができるようにしていると、 大量の迷惑メールが送られてしまいます。

迷惑メールの蔓延を防ぐため、JANISや多くのプロバイダでは、外部サーバの25番ポートへ接続することを制限します。
これを、Outbound Port25 Blockingと呼びます。

● SMTP-AUTHとは?
電子メールを送信する時にユーザ認証を実施することで、迷惑メールの送信を阻止することができます。
これをSMTP-AUTH(SMTP認証)と呼びます。
SMTP-AUTHでは、ユーザ認証を実施したうえで、25番ポートの代替 (サブミッションポート)である587番ポートへ接続します。
こうすることで、好みのメールソフトを利用できる便利さはそのままに、 大切なメールが受信者の手元で迷惑メールと混ざってしまうことを回避できます。

     迷惑メールの送信者は、認証するためのユーザIDやパスワードを持たないため、 迷惑メールが送信できなくなります。

▲TOPへ戻る