JANIS プロバイダーページ

●加入を検討されている方へ

●ヘルプデスクのご案内

  • 営業日 年中無休[年末年始を除く]
  • 営業時間 9:00~19:00[土・日・祝日 9:00~17:00]
  • フリーダイヤル IPフォン

WEBメールサービス

インターネットに接続できる環境にあれば、どこでもメールが確認可能

WEBメールサービス ご利用方法/機能紹介

フィルタ設定
条件フィルタ設定画面

指定した条件に一致したメールにフィルタをかけることができます。

1)どのフィルタ設定にも当てはまらない受信メールの扱いを設定します。

プルダウンメニューより下記の何れかを選択して、保存ボタンをクリックすると機能が有効になります。

設定を変更した場合、保存ボタンをクリックすることで設定が有効になります。

受信する メールのヘッダーに X-Mark-Spam-Flag を挿入します。
破棄する ルールに合致したメールを破棄します。
ヘッダーのみ受信する ルールに合致したメールのヘッダーのみ受信します。
識別ヘッダー'spam'を追加して受信する ルールに合致したメールのヘッダーに'X-Mark-Sort-Mark: spam'を追加して受信します。
識別ヘッダー'A'を追加して受信する ルールに合致したメールのヘッダーに'X-Mark-Sort-Mark: A'を追加して受信します。
識別ヘッダー'B'を追加して受信する ルールに合致したメールのヘッダーに'X-Mark-Sort-Mark: B'を追加して受信します。
識別ヘッダー'C'を追加して受信する ルールに合致したメールのヘッダーに'X-Mark-Sort-Mark: C'を追加して受信します。

2)追加したルールを一覧表示します。

追加ボタンをクリックして開くダイアログボックスを使ってルールを作成します。

画面

フィルタ名 一覧表示する名称を指定します。
処理方法 処理 条件に一致した場合の処理方法を次のうちから選択します。
受信する、破棄する、ヘッダーのみ受信する、
識別ヘッダー'spam'を追加して受信する、
識別ヘッダー'A'を追加して受信する、
識別ヘッダー'B'を追加して受信する、
識別ヘッダー'C'を追加して受信する
優先度 登録数に応じて優先度を選択して指定します。
ヘッダ条件 要素 対象となる要素を次のうちから選択します。
題名、送信元、宛先、
Return-Path:、Sender: From:、To:、Cc:、Subject:、Reply-To:、
Content-Type:、User-Agent:、X-Mailer:、Received:、 Date:、
Message-ID:、X-Mark-Recipient:、X-Mark-Spam-Flag:
条件 対象となるヘッダの条件を次のうちから選択します。
に次が含まれる、に次が含まれない、
が次のアドレスと一致する、が次のアドレスと一致しない、
が次のアドレスで始まる、が次のアドレスで始まらない、
が次のアドレスで終わる、が次のアドレスで終わらない、
ヘッダーが存在する、ヘッダーが存在しない
キーワード 対象となるキーワードを設定します。
半角128文字まで設定可能です。
サイズ条件 対象となるサイズの条件を次のうちから選択します。
バイト以下である、キロバイト以下である、メガバイト以下である、
バイトを超える、キロバイトを超える、メガバイトを超える
基本動作
マッチング順番 [ルール#1]から順番ににマッチングを行い、最初にマッチしたルールに設定されている処理を実行する。以降のルールは適用されない。
マッチしなかった場合 [どのルールにもマッチしないもの]で定義されるルールを実行する。
設定条件

キーワード条件

文字数 半角128文字まで
設定数 各ルール2つまで
対象部分 基本ヘッダー部分

※ただし以下を除く
・8000バイト以上におよぶ長いヘッダー
・256バイトを超える長いメールアドレス
対応文字コード 正式対応 ISO-2022-JP
US-ASCII
部分的に対応 Shift JIS
EUC-JP
ISO-8859-1
対象となるヘッダー Return-Path:
From:
Sender:
To:
Cc:
Subject:
Reply-To:
Content-Type: 
User-Agent :
X-Mailer: 
Received:
Date:
Message-ID:
X-Mark-Recipient:
X-Mark-Spam-Flag:
題名 Subject:
Comment:
※1つでもマッチすれば有効とします。
送信元 Return-Path:
From:
Sender:
Resent-From:
Resent-Sender:
※1つでもマッチすれば有効とします。
宛先 To:
Cc:
Bcc: (送信側で削除されていない場合のみ)
Resent-To:
Resent-Cc:
Resent-Bcc: (送信側で削除されていない場合のみ)
※1つでもマッチすれば有効とします。

サイズ条件

メールサイズ 指定したサイズ以下、指定したサイズを超える
単位指定 1キロバイト = 1024 バイト
1メガバイト = 1024 キロバイト = 1048576 バイト
キーワードマッチ方法
含まれる 対象になるヘッダーなかのどこかにキーワードが含まれていた場合有効となります。
スペースなどの空白はヘッダー、キーワードいずれの場合も無視してマッチングします。
大文字小文字、全角半角、形の似た記号、その他一部の文字を同一視します。
(詳しくは以下を参照してください。)
アドレス部分と一致 アドレス等に完全に一致すれば有効となります。
メールアドレスの@以前にスペース等を含むアドレスは
 "aaa bbbb"@xxx.ad.jp などとなりますが、この場合、キーワードに " を入力する必要はありません。
ラテン文字の大文字小文字は同一視します。
アドレス部分に前方一致 アドレス部分の先頭にキーワードが含まれていた場合有効とします。

キーワード:train@
train@xxx.ad.jp → ○
train@iris.xxx.ne.jp → ○
isptrain@xxx.ad.jp →×

キーワード:train
train@xxx.ad.jp → ○
traintest@xxx.ad.jp → ○
isptrain@xxx.ad.jp →×

キーワード:train@xxx
train@xxx.ad.jp → ○
train@xxx.ne.jp → ○
train@iris.xxx.ne.jp → ×
アドレス部分に後方一致 アドレス部分の後方にキーワードが含まれていた場合有効とします。

キーワード:jp
train@xxx.ad.jp → ○
train@iris.xxx.ne.jp → ○
train@iris.test.com → ×

キーワード:xxx.ne.jp
train@iris.xxx.ne.jp → ○
train@iris.abcxxx.ne.jp → ○
train@xxx.ad.jp → ×

キーワード:@iris.xxx.ne.jp
train@iris.xxx.ne.jp → ○
train@iris.abcxxx.ne.jp → ×
ヘッダーが存在する 対象になるヘッダーが存在する場合有効となります。このマッチ方法を選択した場合、キーワードは無効になります。
ヘッダーが存在しない 対象になるヘッダーが存在しない場合有効となります。このマッチ方法を選択した場合、キーワードは無効になります。
マッチ方法含まれるで同一視する文字列

文字列

アルファベットの大文字小文字
同じ文字の全角半角
大文字どうしの字形の類似したラテン文字、ギリシャ文字、キリール文字
欧米文字にダイアクリティカルマーク等がついていた場合

(例)

Aa Aa Αα Аа A Jj Jj Ss Ss
Bb Bb Ββ Вв Kk Kk Κκ Кк Tt Tt Ττ Тт
Cc Cc Сс ℃ Ll Ll Uu Uu
Dd Dd Mm Mm Μμ Мм Vv Vv
Ee Ee Εε Ее Ёё Nn Nn Νν Ww Ww
Ff Ff Oo Oo Οо Оο Xx Xx Χχ Хх
Gg Gg Pp Pp Ρρ Рр Yy Yy Υυ Уу
Hh Hh Ηη Нн Qq Qq Zz Zz Ζζ
Ii Ii ι Rr Rr  

以下の形の似た記号

! ! . . 。 → ⇒
" ゛ ¨ “ ” ″ : ; : ; ▽ ∇
# # ♯ < < 〈 《 ≪ 「 『 ┌ ┏
' ` ` ´ ‘ ’ ′ > > 〉 》 ≫ 」 』 ┘ ┛
( ( [ [ { { 〔 【 ? ? ¬ ┐ ┓
) ) ] ] } } 〕 】 \ \ ¥ └ ┗
* * ※ | | ? │ ┃ ⊥ ┴ ┻ ┷ ┸
+ + ┼ ╋ ┿ ╂ ~  ̄ ? ┬ ┳ ┯ ┰
, , 、 ° ゜ ┤ ┫ ┨ ┥
- ー ? ‐ ? ─ ━ 〇 ○ ◯ ├ ┣ ┠ ┝

以下の漢字の異字体

鯵 鰺 鴬 鶯 蛎 蠣 撹 攪 竃 竈
潅 灌 諌 諫 頚 頸 砿 礦 蕊 蘂
靭 靱 賎 賤 壷 壺 砺 礪 梼 檮
涛 濤 迩 邇 蝿 蠅 桧 檜 侭 儘
薮 藪 篭 籠 尭 堯 遥 遙  
槙 槇 瑶 瑤 煕 熙    
処理
設定条件を満たす
メールに対する処理
受信する
破棄する
本文を破棄しヘッダのみ受信する
識別ヘッダー'spam'を追加して受信する
ルールに合致したメールのヘッダーに'X-Mark-Sort-Mark: spam'を追加して受信します。
識別ヘッダー'A'を追加して受信する
ルールに合致したメールのヘッダーに'X-Mark-Sort-Mark: A'を追加して受信します。
識別ヘッダー'B'を追加して受信する
ルールに合致したメールのヘッダーに'X-Mark-Sort-Mark: B'を追加して受信します。
識別ヘッダー'C'を追加して受信する
ルールに合致したメールのヘッダーに'X-Mark-Sort-Mark: C'を追加して受信します。

▲TOPへ戻る