JANIS プロバイダーページ

●加入を検討されている方へ

●ヘルプデスクのご案内

  • 営業日 年中無休[年末年始を除く]
  • 営業時間 9:00~19:00[土・日・祝日 9:00~17:00]
  • フリーダイヤル IPフォン
    最大1Gbpsの高速接続!
    フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプをご利用の場合、下り最大1Gbpsでインターネットをご利用いただけます。(ベストエフォート)

    IPv6接続機器不要!
    JANISではIPv6接続方式にネイティブ方式を採用しています。この方式はトンネル方式と違いIPv6接続に必要な機器が不要となるため、誰でも気軽にIPv6サービスを利用できます。
IPv6とは?

ネットワークにつながれている機器には「IPアドレス」と呼ばれる番号が割り振られています。
IPアドレスは例えるならば住所のようなもので、インターネットに接続するためには必要不可欠なものとなっています。
現在、お客様がご利用されているIPアドレスは「IPv4」と呼ばれる仕組みが使われています。しかし、世界中の急速なインターネットの普及、家電製品などの機器の増加により、IPv4上で割り当てられているIPアドレスは近い将来に不足してしまうことが解かっています。
そこで、この問題を解決するために開発されたのが「IPv6」と呼ばれる仕組みになります。IPv6はアドレス数が無限大ともいえる新規格のIPアドレスです。

お客様への影響について

IPv6接続サービスをご利用されますと、IPv6対応済みのサービスをご利用いただくことができます。
なお、IPv4接続サービスにつきましても今まで通りの設定のままでIPv6対応サービスを利用することが可能です。

IPv6についてのよくあるご質問
    IPv4は今後使えなくなるのですか

    IPv6の利用が始まっても、これまでと同じようにIPv4でインターネットを使い続けることができます。
    IPv6が普及するまでの段階ではIPv6とIPv4の両方を使うことになると考えられます。

    IPv6を利用するにはどうすればよいですか

    IPv6接続オプションをお申し込みしていただきますと利用することができます。
    また、IPv6に対応したパソコン、ネットワーク機器をご利用いただく必要があります。

    現在利用中の機器は継続して使用することはできますか

    IPv6パススルー機能(ブリッジ機能)があるブロードバンドルーターの場合は、ご利用いただくことが可能です。
    詳しくは購入機器のメーカーにご確認をお願いします。
    BUFFALO社製無線ルーターのIPv6パススルー設定はこちら

    IPv4アドレスが枯渇するとどうなるのですか

    IPv4アドレスの不足が深刻になってくると、IPv4での通信ができなくなる場合が出てくることも想定されます。
    しかし、今後順調にIPv6が普及していけば、現在と同じようにインターネットを利用することが可能です。

    IPv4を使い続けたいのですが、利用できますか

    引き続きIPv4もご利用いただくことができます。


IPv6接続オプションお申込み

▲TOPへ戻る