JANIS プロバイダーページ

●加入を検討されている方へ

●ヘルプデスクのご案内

  • 営業日 年中無休[年末年始を除く]
  • 営業時間 9:00~19:00[土・日・祝日 9:00~17:00]
  • フリーダイヤル IPフォン

ADSL接続サービスの特徴

JANISのADSL接続サービス

JANISのADSLサービスは独自プロバイダー型サービスです。 主な特徴として、契約や料金支払いなどの窓口が一本化されており、お客様にとってシンプルで解りやすくなっています。又JANIS独自のサービスが多数あり、『価格が安い・速度が速い』などの特徴があります。

JANISの場合

JANISがお客様宅からインターネットまで1本化したADSL接続サービスを行っております

※スプリッタ:データ通信用信号(ADSL)とアナログ電話信号を合成・分配するための装置です。

ダイアルアップ接続サービス無料提供

ダイアルアップ接続サービスを無料で提供しております。モバイル接続も可能です。(通話料はお客様負担です。)

電子メールウィルスチェック・駆除サービスを全ユーザ様を対象に無料提供中!

全ユーザー(独自ドメインユーザも含みます)の電子メールへのウィルスチェック・駆除サービスを無料で提供しています。 メールボックスに届けられる前に自動的にウイルスチェックを行い、検知した場合には駆除(または削除)しますので、より安全に電子メールをご利用いただけます。

長距離モデムによりNTT局舎から最大10kmまでカバー

ADSLモデムは高速性を得るためにメタル回線を広帯域にて利用しますので、NTT局舎からの距離が遠かったり、細い芯径の区間が長かったり、周りに大きなノイズ発生源があったりしますと、ADSLモデム間の接続速度が低下する場合があります。

JANISのこれまでの経験では、有線放送回線ではほぼ全ての回線でエントリーコース設定速度であります下り2200Kbpsで接続できていますが、NTT回線では下り2200Kbpsでの接続率は約7割です。

そこで、NTT回線で品質の芳しくない回線でも640Kから1300Kbps程度の接続を可能とする、PARADYNE社製リーチDSLモデムを国内で初めて導入した新たなコースを設定いたしました。  このモデムは使用している周波数帯域が100KHzまでと従来の1/10以下であるため、上下それぞれで最大960ないしは1300Kbps までの接続速度となりますが、高周波帯域での線路損失やノイズの影響を受けにくいことから、NTT局舎から約10km程度離れていてもADSLサービスがご利用可能になります。

放送・電話とインターネットの並行利用

POTSスプリッタで「放送・音声帯域」と「データ通信帯域」に分離しますので、 電話を利用しながらインターネット接続することが可能です。 (リーチコースのモデムには、POTSスプリッタは内蔵されています。)

申込から開通までの期間

申込書を郵送いただいてからNTT東日本による局舎内ADSLモデムへの接続工事が実施されるまでの日数として、現状では、以下の日数が掛かりますのでご了承ください。

・電話共用型(タイプ1):7日~10日
・ADSL専用型(タイプ2):10日~15日

▲TOPへ戻る